当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2019年03月21日

誰の懐が増えるのか...


 日本銀行は4月末に2021年度の消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)前年比の見通しを新たに示す。
 ただ、日銀内の一部で物価目標として掲げる2%を達成するのは21年度も厳しいとの見方が出ている。
 メディアの取材で複数の関係者への取材で明らかになった。
   
   
 日銀は4月24、25両日の金融政策決定会合で
   経済・物価情勢の展望(展望リポート)
を策定し、見通し期間を1年延長し21年度までの経済、物価見通しを示す。

 21年度の物価見通しについてはまだ正式な議論が始まっていない。
 日銀内の一部の関係者は、物価が上がりにくい状況が続いていることから21年度も2%に達するのは難しいとみている。



ひとこと

 景気の先行きの不安が大きいのだろう。
 欧米国際資本の言いなりで低金利政策を続け、円安誘導で日本人の労働力の価値を低くしているのが一番の元凶だろう。
 
 先に増税ありきではなく、可処分所得を増やすための控除額の増加が必要だ。
 
      
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
  
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]