当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2019年01月03日

善意をへし曲げる中国社会


 中国メディアの新京報は、山東省済南市内で
   自転車に乗っていた高齢の男性
が突然地面に倒れたところを、ちょうどそこを通りがかった
   バイクに乗った若い男性
が、バイクを停めて年配の男性を起き上がらせてあげたがこの高齢の男性は、バイクの若者にぶつけられたと主張したため、警察が駆け付ける騒ぎとなったと伝えた。

 この若者は、自主的に高齢者に近づき起き上がらせてあげただけで、女性の目撃者もいて高齢者とはぶつかっていないことを証言してくれているという。


 なお、警察は29日、若者のバイクを仮差押えとしたうえ、若者がぶつかったのかどうかについての調査には時間がかかるとメディアの取材で述べており、「ぶつかっていないとしても交通事故となり得る」と続けた。


ひとこと

 見て見ぬふりが必要な社会が作られている。
 善意であっても犯罪者に仕立て上げられるのは、歴史を歪曲して事実を教えない反日教育と同じだろう。
 こうした日本の善意が空くいに仕立て上げられているのは中国や韓国、北朝鮮などで見られるものであり、経済発展に資金や技術、人材などを提供してきた日本企業にも突然降りかかる禍になりかねないといった認識を持つべきだろう。

 中国国内でも、こうした善行が悪意にされてしまうため薄情な社会構造が根底に広がったままだ。
 ただ、視点を変えれば日本的な思考を持った中国国民も多くいるため、過去の歴史の事実を情報として与える活動を広げる必要があるだろう。

 共産主義国家成立後の残虐な政策で中国では1億人が飢餓や政治闘争で殺されている。
 この数は4人に1人という割合で25%にもなる。
 ちなみに、第二次世界大戦で日本国民は7%の戦死者だった。

 共産社会を維持するために、産めよ増やせよで戦後13億人を突破させている中国だが、成立後の人口の増加は失政を隠すための政策的な意図があったのだろう。
 イデオロギーを利用した酒池肉林の生活を謳歌している共産主義国家の幹部だが、こうした生活環境を維持するために1億人を超える公安要員が常に中国国民を監視しており莫大な費用が掛かっているという。

 自由経済が拡大しても、国家の体制維持に要する莫大な費用が歪となっているため、経済統計では下駄を履き続けた数値で信頼性は乏しい。
 常に修正されるリスクが内在していることを認識しておく必要があるだろう。
  
      
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
   
   
  

    
  
  
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]