当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年11月15日

米国の「テロとの戦い」の死者が約50万人(調査報告)


 
 2001年9月11日の米同時多発攻撃を受けて始まった
   米国の「テロとの戦い」
により、イラク、アフガニスタン、パキスタンで発生した暴力による死者が、計約50万人に達したとの調査結果が8日発表された。
 この調査の死者数には、反体制派、地元警官、治安隊員、民間人、米国主導の有志国連合の兵士が含まれる。


 米国ブラウン大学ワトソン国際公共問題研究所(Watson Institute for International and Public Affairs)は報告で、死者数を48万人から50万7000人と集計する一方、実際の死者数はこれを上回る可能性が高いとの見方を示した。


 同大は、今回の死者数は「2016年8月発表の前回集計から11万人余り増加した」と指摘した。
 「テロとの戦いは米国の国民や報道機関、議員らに見過ごされることが多いが、死者数の増加はこの戦争が縮小するどころか、その激しさが持続していることを示している」とした。

 また、執筆者のネタ・クロフォード(Neta Crawford)氏は、米軍や地元部隊が民兵として報告した死者に民間人が多く含まれている可能性があると説明した。

 「これらの戦争で殺害された直接の死者の総数は知り得ないかもしれない」と記している。
               
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]