当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年09月13日

原始星の周りに将来的に惑星系となる回転円盤構造(原始星円盤)を発見


 東京大学大学院理学系研究科、理化学研究所、筑波大学、コペンハーゲン大学およびライデン大学の研究者からなる合同チーム。おおかみ座にある誕生間もない原始星IRAS15398-3359をアルマ望遠鏡で観測した。

 原始星の周りに将来的に惑星系となる回転円盤構造(原始星円盤)を発見した。
 原始星円盤は惑星系の前段階としてよく知られている。

 原始星円盤は、その小ささや温度の低さ、母体のガスに埋もれるなどしているために赤外線や可視光線による観測が難しく、研究自体が立ち遅れていた。

 今回観測されたおおかみ座の原始星も質量が太陽質量の0.007倍と一般的な原始星(太陽質量の0.1倍程度)よりもさらに小さく、これまで報告されてきた原始星よりも未熟で、誕生したばかりという。
  
 電波領域での観測を行うアルマ望遠鏡が完成したことで、より高い解像度と感度での観測が可能となった。
  
 これまで原始星円盤は原始星がある程度成長したのちに形成されると考えられていた。

 今回この未熟な原始星の周りにすでに原始星円盤が形成されている様子が観測された。
  
 研究結果は、我々の住む太陽系の形成・誕生のみならず他の惑星系形成の初期過程にもせまるという。
  
    
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]