当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年08月03日

蘇逢吉(?〜950) 「静獄」と称さる後漢の政治家


  
蘇逢吉(?〜950)
 
 京兆長安(三国時代から唐代にかけて存在した郡 現在の陝西省西安市一帯)の出身
 蘇悦の子。

 唐が滅亡して五代十国時代になると、後晋を建国した石敬瑭の重臣で陀突厥の出身の
   劉知遠
が北京留守河東節度使となり着任すると、節度判官となった。

 刑獄裁判を担当して、罪の軽重や理非曲直にかかわらず、囚人をことごとく殺した。
 その行為の凄まじさもあり「静獄」と称されていた。

 劉知遠が契丹と同盟を結び、契丹軍を利用して後晋を亡ぼして、後漢が建国されると、中書侍郎・同平章事・集賢殿大学士に任ぜられ、朝廷の大事について全てを取り計らうようになった。

 権力を奪うため、宰相李ッを謀略により陥れたうえ、その一族を滅ぼした。
 また、衛州刺史葉仁魯の不法をかばうなど、非行も多かった。

 後漢末期、河中の李守貞・長安の趙思綰・鳳翔の王景崇が相次いで叛乱を起こした。
 蝗害・水害の被害が深刻となり、各地では飢饉に伴う暴動が広がり、後漢朝は混乱に陥った。

 乾祐三年(950)、郭威が兵変を起こして南下し、二代目隠帝は乱兵の中で殺され、後漢が滅亡すると、自殺した。               
   
  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
  
  
posted by まねきねこ at 05:38| 愛知 ☀| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]