当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年08月18日

中国が山東半島に「長距離地対空ミサイルS−400」を配備


 
 米国華字メディア「多維新聞」によると、韓国における
   THAAD(高高度防衛ミサイル)配備
に反発する中国が山東半島に
   長距離地対空ミサイルS−400
を配備したことについて、韓国紙が中国の「真の意図」を分析を行った。


   


 韓国紙「中央日報」は17日付の記事で、中国が
   「韓国のTHAAD配備に対する報復措置」
を展開しており、7月に韓国から最も近い山東半島に
   「ロシア版THAAD」
と呼ばれるS−400を配備したと紹介した。


 その意図は軍事的な不均衡をつくるためであると指摘したうえ、おそらく中国が韓国に対する報復を行う最大の原因だろうと分析した。


 その上で、「中国の目的」はおそらく、黄海における
   軍事的な地位
において、米韓をリードすることとした。


   
  

 S−400の射程は400キロとTHAADの2倍あることから山東半島から発射すれば韓国の西海岸上空に到達する。
  
 有事の際、西海岸にある烏山空軍基地から離陸する
   F−16戦闘機
を牽制する戦略的な意味がある。

 さらに、S−400は米空母の東シナ海進入もけん制したうえ、レーダー探知距離は700キロであることから朝鮮半島のみならず
   平沢米軍基地(キャンプ・ハンフリーズ)
まで収まることになる。
  

   

  
 朝鮮半島で「北朝鮮の核問題」によって、中国政府が軍事力で威嚇あるいは戦略的な軍事行動を実施する状況になった時、中国は朝鮮半島に脅威を与えることが可能となる。

 こうした軍事的な戦略について、韓国は対抗策がないのが実情だろう。

 これが、中国が欲している「戦略的な不均衡なのだ」と指摘した。


 記事では、こうした現状を前にした文大統領が率いる韓国政府が
   「楽観的過ぎる」
と批判し、早急に対策を取るよう求めている。
  
   
  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
   
posted by まねきねこ at 07:23| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]