当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年05月15日

資金の移動で経済が変動

 
 先進国の経済活動が景気の変調で政策金利が動くことは多い。


 こうした先進国の豊富な資金の流入で経済活動を活発化させていた新興国市場では景気の変調が大きな梃となり、より強く影響を受けて広く見られる乱気流が発生する。

 1990年代半ばにおいて、米国の金利上昇がメキシコ通貨のペソを切り下げる動きを誘発させた。

 これにより資本逃避に拍車が掛かり、いわゆる
    「テキーラ危機」
を招いた。

 そして数年のうちに売りはアジア地域へ広がり、国債売りという動きから
   「アジア通貨危機」
と呼ばれることになるタイやシンガポールなどの新興国市場の経済危機の波及が引き起こされ、同域内の経済は急激に悪化し、複数の通貨が切り下げられた。


 最終段階では、ロシアにまで影響が及んでしまった。


 なお、こうしたソブリン債の暴落の波及は国際資本の一部の集団による動きであり、ロシアへの投資を行っていた欧米国際資本との思惑の対立が起き、最終的には仕掛けた米国の金融投資グループでもあるLTCMの事実上の破綻で収束している。


 このLTCMの破綻では、FRBのグリーンスパン議長がNY地区連銀などに低金利で市場に資金を投入させており、その後のサブプライムローンの拡大の道を作ったともいわれている。


 歴史は繰り返すように2018年には新興国の中南米で
   経済危機が醸成
されている。

 米ドルと米国金利が上昇する中、アルゼンチンは緊急資金の確保を目指している
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

 

    


posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]