当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年02月05日

HSBCホールディングス 商業銀行を主体とする世界最大級のメガバンク


HSBCホールディングス
    (HSBC Holdings plc

 イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を置き、商業銀行を主体とする世界最大級のメガバンク。
 
 1865年に香港で創設された
   香港上海銀行
を母体として1991年に設立された。

 HSBCのイギリス部門が収益源に占める比率は20%だが、最大の収益源は22%の香港部門とされる。
 HSBCの事業部門は、商業銀行・投資銀行・リテール銀行・グローバルプライベートバンキングの4つ。

 主要株主では、首位にケネス・フィッシャー(Kenneth Fisher)のフィッシャー・アセット・マネジメント、二位にデビッド・ブース(David G. Booth)の投資顧問会社Dimensional Fund Advisors

 ブースはウェルズ・ファーゴでインデックスファンドを草分けてから、1981年にDFAを立ち上げた。
 
 それらに比べて保有株数が1/3以下の規模でカナダロイヤル銀行、バンカメ、各種ミューチュアル・ファンドがある。
 
 1866年に香港上海銀行(日本支店)が横浜に開設。
 それ以来、日本では最も長い歴史を持つ外資系銀行である。
 東京と大阪に支店を置き、事業法人を対象とした業務を行っているが、個人相手の業務からは撤退している。
 
  


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    


香港を拠点に活動した実業家でワールドワイドシッピング創業者
   包玉剛
を義父にもつ
   ヘルムート・ゾーメン
が、1984年から1996年まで香港上海銀行の役員を務めた。
 1990年から2007年まで親会社のHSBCホールディングスの役員を務めている。
 なお、包はケ小平に厚遇されていた。

 HSBCは株式を1991年にロンドン証券取引所と香港証券取引所へ上場した。
 金融機関サミュエル・モンタギューのSamuel Montagu & Co. の親会社英国の
   ミッドランド銀行
を1992年に買収した。
 香港返還に伴い、 1993年に香港上海銀行・香港本店ビルからロンドンへ本社を移転させた。
 1997年にアルゼンチンのバンコ・ロベルツ、ブラジルのバンコ・バメリンダスを買収した。
 米国のリパブリック銀行を1999年に買収、HSBCの米国預託証券をニューヨーク証券取引所へ上場した。
 欧米の中央銀行がワシントン合意。
 
 ネスレに利権をもつフランス商業信用銀行を2000年に買収、HSBCフランスと名称を変えた。
 HSBCがユーロネクストへ上場した。
  
 トルコのデミル銀行を2001年に買収した。
    メキシコのビタル・フィナンシャル・グループを2002年に買収した。
 
    米国のハスホールド・インターナショナルを2003年に買収、本社をカナリー・ワーフのHSBCタワーへ移転させた。
    2004年にはバミューダ銀行、イギリスのマークス・アンド・スペンサーを買収した。
 また、上海の交通銀行の株式の19.9%を取得した。
  
 米国のメトリスを2005年に買収、タンザニアのダルエスサラーム投資銀行の株式の70.1%を取得した。
 連合国暫定当局からイラクでの営業免許を取得した。
 
 2006年にはパナマのバニスモ・グループ、イタリア国立労働銀行のアルゼンチン営業を買収した。
 この年、イギリスの銀行として史上最高となる119億1,000万ポンドの税引前利益を記録した。
 
 
    韓国外換銀行(KEB)の株式51%を2007年にローンスターより取得する契約を条件付で締結した。
 しかし後に撤回している。
 
 HSBCはサブプライム問題の深刻化を世界の金融業界の中でも「最も早い」と言えるレベルで分析予想を行った。
 2006年度の決算で日本円で1兆円以上の損失引当金を北米子会社のために用意していた。
 
 そのため、2007年上期の業績は業界の予想を上回る前年度比約25%の増益となり、自らの上期過去最高益を更新した。
 
 全世界の店舗数は2006年末で1万店舗を超え、時価総額では上位のシティグループの約5千店舗の2倍近くの拠点数を持っていた。

 2010年5月には米国株式市場が1962年以来最悪の相場となり、新興国市場にも影響した。
 7月7日、フィナンシャル・タイムズが
   BIS gold swap confuses as price rebounds
という記事で、欧州の金融機関が346トンの金を担保に国際決済銀行からキャッシュを得ていたことを報道した。
 23日、「金価格は操作されている - 秘密の中央銀行」という記事が出た。
 25日、ロンドン貴金属市場協会が、会員銀行の金取引データを協会創設当初からの全部について非公開にした。
 29日、またフィナンシャル・タイムズがBIS gold swaps mystery is unravelled という記事で、国際決済銀行からキャッシュを得ていた金融機関にHSBCやソシエテ・ジェネラル、さらにパリバがあったことと、引き出しがBIS側の要請であったことを明らかにした。
 
 
    2012年7月には麻薬取引による不正利得を資金洗浄していた不祥事が米議会で報告された。
 この資金洗浄はメキシコの組織犯罪グループ
   シナロア・カルテル
のためだったことが報じられた。
 
 11月、香港・シンガポールの損害保険子会社をアクサへ売却した。
 
 同月、700のインド系銀行がHSBCジュネーブ支店に総計600億ルピー(8.9億ドル相当)を隠している事件の詳細をつかんだとインドの政治家
   アルヴィンド・ケジリワル
がメディアに明らかにした。
 
 2013年7月までFBIの
   ジェームズ・コミー
が役員を務めた。
 
    2015年1月にはオーストラリア・コモンウェルス銀行のフィジー支店を継承する
   バンク・サウス・パシフィック
がウェスト・パックの事業をクック諸島込みで買収した。
 
 2月時点、貴金属取引における価格カルテルの疑いで捜査が続いていた。
 
 同月、資金洗浄の疑いでスイスのプライベートバンクの捜査が始まった。
 6月、リストラの一環として、最大5万人の人員を削減する方針を明らかにした。
 
 同月、中華人民共和国の「製造業およびサービス業景況指数(PMI)」について、HSBCがスポンサーから撤退することが明らかになった。
 
 この6月以降、他のメガバンクと共に為替相場の不正操作をめぐる民事訴訟が提起された。
 12月、HSBCはロスチャイルドをプライベート・バンキング改革の責任者に登用した。
 
 
    2016年7月にはHSBCの外国為替取引部門の幹部二人が、顧客の異例な大口注文の情報を悪用し
   顧客を犠牲にする先回り取引
で数百万ポンドの利益を得た疑いで逮捕された。
 
 事件の焦点は2011年に英国石油開発大手
   ケアン・エナジー
が出した35億ドル相当の英ポンド買い注文である。
 
 逮捕された二人はケアンに対して自己勘定取引の利益が最大になるような取引設定を促していた。
 
 9月12日の米議会では、ジェームズ・コミーに対する追及と関連し、HSBCが
   クリントン財団
を介しドイツ銀行と提携して、ニューヨーク市にある低・中所得者中心の住宅1500から2500棟に
   スマートメーター
を設置したという発言がなされた。
 11月、バラク・オバマに牽制されてジェームズ・コミーがヒラリー・クリントンの刑事捜査を公式に打ち切った。

 
 香港上海銀行時代、戦前の金解禁に際し、モルガン商会やクーン・ローブ、ロスチャイルドなどとシンジケート団をつくった。その直後の米ドル買い事件ではナショナルシティ銀行や野村証券などと買いに走った。
 
 この2社はICSDたるセデルの匿名口座に関与したとされる。

 2012年7月、麻薬取引による不正利得をケイマン諸島へ送り資金洗浄していたことが報告され。
 
 2015年2月、スイスのジュネーブ検察当局は、資金洗浄に関与した疑いでHSBCプライベートバンクの家宅捜索を開始した。
 
 2015年のスイスリークス事件では、情報が世界中のメディアへ拡散した。
 スイス当局は社内から情報を持ち出した人物を告訴した。
 
 スイスでは、2011年にウィキリークスへ顧客情報を提供した容疑でジュリアス・ベア銀行の元幹部が逮捕されている。
 
 2015年6月、HSBCは4000万スイスフランをジュネーブ当局へ支払うことになった。
 米国、フランス、ベルギー、アルゼンチンでは脱税捜査が継続していた。

 また、同年2月、HSBCは貴金属取引における価格カルテルの疑いで米司法省と商品先物取引委員会に捜査された。
 HSBCの他で判明した捜査対象は、バークレイズ 、スコシアバンク 、UBS 、クレディ・スイス 、ドイツ銀行 、ゴールドマン・サックス 、JPモルガン・チェース 、ソシエテ・ジェネラル 、スタンダード銀行となった。

 さらに同年、HSBCは他のメガバンクと共に
   為替相場の不正操作
をめぐる民事訴訟を提起された。
 
 関係性が疑われたメガバンクの内訳は、JPモルガン・チェースを初めとする世界勢力であり、FRBから揃って
   ベイルアウト
を受ける規模であった。
 
 当然のことながら、日本とも取引が多い企業群で、一部は
   日本国債の流動化
にも関わった。
 
 バークレイズ、パリバ、ゴールドマン・サックスと共に、6月、和解に合意した。
 
 同様の事件ではシティグループやJPモルガン・チェース、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、バークレイズ、UBS、バンカメの6社が、反トラスト法違反で莫大な罰金を科されている。
 
 この件に関して、ブラジル当局は30人の個人名を調査対象として発表した。
  
   
    
posted by まねきねこ at 08:29| 愛知 ☀| Comment(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]