当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年01月01日

ウンベルト・ヴァレンティ ニューヨーク最強のガンマン


ウンベルト・ヴァレンティ
     (Umberto Valenti)

   1891年8月14日 - 1922年8月11日

 ニューヨークのシチリア系マフィアの1人で
   ジョー・マッセリア
との銃撃戦で知られ「ニューヨーク最強のガンマン」と呼ばれた。
 
 シチリア島バルチェッローナ・ポッツォ・ディ・ゴット生まれた。
 1910年に家族とともに渡米し、ロウアー・イースト・サイドに定住した。

 シチリアマフィアの
の犯罪組織に加入したとも、モレロ一家の用心棒をやったとも言われているが経歴の詳細は不明な部分が多い。

 1914年5月、ダキーラのライバルだったイースト・ハーレムのモレロ一家の
   チャールズ・"フォーチュナト"・ロモンテ
を殺害した実行犯と見られており、殺害成功によりダキーラの
   トップヒットマン
の地位を確保したのち、多くの暗殺を請け負った。

 標的の暗殺後すぐ消えていなくなることから「ゴースト」の異名もあった。

 禁酒法時代にはロウアー・マンハッタンのイースト・ヴィレッジで酒の密売を始めた。

  
 1920年12月29日、ヴァレンティの密輸仲間
   サルヴァトーレ・マウーロ
が密輸ライバルの
を襲ったものの反撃され、銃撃戦の末、逆に殺された。

 この襲撃で捕まったマッセリアは自己防衛を主張して罪を逃れた。

 その後、ダキーラと衝突して暗殺ターゲットになるとシチリアに逃亡した。

 1922年1月帰国し、ダキーラと和解すると、モレロ一家に死の宣告を出していたダキーラの命でモレロ派打倒の前線に立つこととなった。

 1922年5月8日、モレロ一家の
を暗殺した。

 翌日、マッセリアに仕返しされ、グランド通りで襲撃されたものの、用心棒
   シルバ・タリアガンバ
が銃撃を受けて重傷を負うなか間一髪のところを逃げおおせた。

 マッセリアは殺害容疑で検挙されたが、裁判まで至らず放免されている。

 1922年8月8日、イーストヴィレッジのマッセリアの自宅近くで待ち伏せし、家を出たところを至近距離から3-4発撃った失敗し、近くの商店街に駆け込まれて逃げられた。

 ヴァレンティ一味もすぐに車でその場を離れたが、組合会議から解放された多数の労働者が5丁目通りの路上にいた。
 そちらの方向に逃走車が近づき、通行を阻止されたため、無理矢理突破しようと彼らに銃口を向け発砲した。
 この発砲で6人負傷し2人が死亡した。
 
 
 1922年8月11日昼11時45分頃、イースト・ヴィレッジのカフェで話し合いをしていた時に銃撃戦となり、敵の発砲の中をダッシュして走行中のタクシーに飛び乗った。
 しかし、胸に被弾しており座席内で崩れ落ち、病院に運ばれた。

 警察は事情聴取しようとしたがほとんど意識不明な状態で何も聞けず、銃撃から1時間後に死亡した。

 その後、警察はマッセリアを取り調べたが証拠がなく放免した。

 当時は、マッセリアが和解の話し合いと称してヴァレンティをおびき出し、謀殺したと噂されていた。
   

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ


 
   

   
posted by まねきねこ at 19:52| 愛知 ☁| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: