当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2017年04月17日

核兵器やICBMの性能向上を目論む北朝鮮は言葉の警告では止めれない。


 北朝鮮の
   金正恩朝鮮労働党委員長
は15日に、平壌中心部で軍事パレードに出席した。

 これまで北米への核弾頭到達を可能にする兵器開発を北朝鮮は追求し、北朝鮮は今年に入って
   弾道ミサイル
の試射を繰り返してきた。


 世界はトランプ政権との争いを引き起こす可能性がある
   挑発行動
がないか警戒していた。

 北朝鮮はこれ以上の挑発を阻止しようとする米政府の警告を無視し、16日朝、何らかの
   弾道ミサイル
を同国東岸、新浦から発射したが、直後に爆発した。


 米国のペンス副大統領はアジア歴訪の一環として16日ソウル南部の烏山に到着した。
 米国と韓国の軍当局はこのミサイル発射についてさらに分析を進めている。

  
 米国のマティス国防長官はトランプ大統領と米軍が北朝鮮の
   最新のミサイル発射
の失敗を承知しているとの声明を発表した。
  
 なお、大統領はこれ以上のコメントはないと述べた。
同委員長は

 また、韓国外務省は北朝鮮の動きについて
   世界全体への脅迫的な行動
との声明を公表した。

 北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)のテストといった戦略的な挑発につながれば、北朝鮮は耐えることが困難な強力な制裁措置に直面するとわれわれは再度警告しなければならないと述べた。 


ひとこと
  
 平和を希求する者と思考が異なる北朝鮮を言葉で核兵器やICBMの開発を断念させるのはもともと不可能だろう。
 開発時間を稼ぐための交渉が繰り返されただけで、危害の程度が時間経過とともに増加していただけだ。
 戦略的に時間を稼ぎだしているにすぎず、平和という人質を使って交渉する輩に甘い対応では相手の受注にはまっていくだけだ。

 大量破壊兵器が充実した段階で攻撃が実施されるまで待つノー天気な政治家やマスコミなどが多いのが日本の現状だろう。


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
 



   
       
posted by まねきねこ at 05:13| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]