当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2016年09月08日

エクアドルがアマゾン自然保護区内で採油を開始


 エクアドル国営石油会社の
   ペトロアマソナス(Petroamazonas
は7日、アマゾン熱帯雨林の自然保護区
   ヤスニ国立公園(Yasuni National Park)
内に部分的に位置する広大な石油埋蔵地帯、いわゆるITT地区からの原油のくみ上げ作業を開始した。

 ITT地区には、同国内で確認されている石油埋蔵量の40%以上があるという。


 環境保全や先住民の権利保護を訴える各団体はこの作業開始に対し、非難の声を上げている。


   
   

 エクアドルのラファエル・コレア大統領は当初、ITT地区の油田開発を中止するため、国際社会から
   36億ドル(約3500億円)
の基金を募る計画を発表した。

 その後、アマゾンの自然を守り、気候変動の抑制を助けることを目的としたこの計画は、最終的に不成功に終わった。
 
 
 世界の原油価格が急落の中、自身の
   急進左派政権
が財政難に陥ったコレア大統領はついに、石油掘削を承認するよう議会に要請した。

 3月にはITTの一部ティプティニ(Tiputini)地区で探査作業を開始させた。

 ティプティニの次は、2016年最終四半期に、南のタンボコチャ(Tambococha)地区での作業が開始される予定という。

 総面積100万ヘクタールのヤスニ国立公園は、地球上で生物多様性が最も豊かな地域の一つ。
 また、現代文明といまだに接触していない世界最後の未接触先住民族の一部が暮らす場所でもある。  


ひとこと
  
 遠浅の海の底に堆積したプランクトンや植物などが長い年月を経て変化したのが原油や天然ガスというのだろう。
 アンデス山脈の東側で原油が出れば西側でも出る可能性はある。

 日本も日本海をさらに調べれば大規模な原油層が見つかるかもしれない。 

     
  
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
     人気ブログランキングへ  

      

   
  
   
  
    
posted by まねきねこ at 20:19| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]