当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2016年04月10日

ナイジェリア「最後のライオン」を探して、絶滅の可能性も


 
 ナイジェリア中東部、ヤンカリ動物保護区(Yankari Game Reserve)の星一つない真っ暗な空の下、ベナン人研究者のマーシャル・キキ(Martial Kiki)氏(31)はボロボロのピックアップトラックの荷台に立って、ナイジェリア「最後のライオン」を探していた。
 
 キキ氏は拡声器を使い、バッファローの子が苦しんでいるような音をさかんに流している。ライオンがいれば格好の餌がいると思って集まって来るはずだという。ライオンが姿を現したら照明を当てて頭数を数え、生息数を推定するのだ。

 しかし拡声器から音を出すこと29時間、保護区内を150キロ走り回ったにもかかわらず、ライオンはおろか、その足跡一つ見つけることができなかった。

 ルクセンブルクほどの面積があり、ナイジェリアで「最も豊かな野性動植物のオアシス」とうたわれるヤンカリ動物保護区の真っただ中でキキ氏は「もうちょっと見られると期待していたのだが」とAFPに語って肩を落とした。「状況は悪くなっている。反応もないし、形跡もない」

「どこへ行ってもハイエナの足跡ばかりだ」「今後5〜10年で、ナイジェリアからライオンは完全に姿を消してしまいかねない」
 

 
 
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]