当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2016年07月05日

阿豆良神社(あつらじんじゃ)

  
阿豆良神社(あつらじんじゃ)

 式内社の尾張国丹羽郡「阿豆良神社」で旧社格は郷社。
 阿豆良とは縵から転じた名前といわれている。

 創建時期は垂仁天皇57年(28年)とされており、尾張国でも古い神社とされている。 1564年(永禄7年)、戦乱のため焼失した。

 1587年(天正15年)に再建され現在の地に移った。
 江戸時代は「吾蔓大明神」と称されていた。
 1872年(明治5年)に阿豆良神社に改称し、郷社となった。

 元の位置は現在地の北約200m付近というが別の説では、現在地の北約1kmにある馬見塚遺跡(縄文時代〜古墳時代の祭祀遺跡)ともいう。
   
 

ご祭神
*天甕津媛命(あめのみかつひめのみこと)
   阿麻彌加都比女とも表記される出雲神話の神。
   出雲風土記の出雲郡伊努郷に記述がある。  
 
 
* 倭姫命
   第10代崇神天皇の皇女豊鍬入姫命の跡を継ぎ、天照大神の
      御杖代
  として大和国から伊賀・近江・美濃・尾張の諸国を経て伊勢の国に入った。
   神託により皇大神宮(伊勢神宮内宮)を創建した。

 
 
(創建にまつわる伝説)
 垂仁天皇の皇子品津別皇子7歳になっても言葉が話せなかった。
 皇后の夢の中に天甕津媛命が現れ、「今まで私を誰も祀ってくれない。祠を立て神に祭るなら、皇子は言葉を話せるようになり、天寿を全うするだろう。」ということを伝えたという。

 垂仁天皇は臣下の建岡君に、天甕津媛命を探し出すように命じた。
 建岡君は美濃国花鹿山(現岐阜県揖斐郡揖斐川町の花長上神社)に登り、榊の枝で縵を作って神に祈った。
 「此の縵の落ちた所が神を祭る所であろう。」と言うと、縵を遠く投げた。

 この縵が落ちた地に創建されたのが阿豆良神社という。

 
 
 場所 愛知県一宮市あずら1-7-19






  
    



    
posted by まねきねこ at 19:27| 愛知 | Comment(0) | 社寺仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]