当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年11月20日

ボツワナで1111カラットの今世紀最大のダイヤモンド原石を採掘。


 カナダのダイヤ採鉱会社
   ルカラ・ダイヤモンド
が1111カラットの宝石に加工可能な品質のダイヤモンド原石をボツワナで採掘した。

 英王室祭具にあしらわれている「カリナン」に次ぐ大きさの原石となる。


 ルカラのカロウェ鉱山は
   ジェム・ダイヤモンズ
が南アフリカのレソトで操業するレツェング鉱山と並び世界最大級で高品質の原石が採掘されることで知られる。

 なお、今世紀に発見されたダイヤのうちこれまで最大だったのは、ジェム・ダイヤモンズが発見した603カラットの「レソト・プロミス」だった。
 

 
 ルカラによれば、このテニスボールより少し小さい原石は、ここ100年余りに発見されたダイヤの中で最大という。

 同社の資料によると、ボツワナ中部のカロウェ鉱山で機械によって採掘された。

 
 ルカラのウィリアム・ラム最高経営責任者(CEO)は19日、投資家との電話会議で当社の資源については常々、非常に品質が高いと考えてきたとはなし、このような原石の発見を予測するには、とても勇敢でなければならないと語った。

 

 この発見の価値と誰が購入を望むかは、原石からカット可能な研磨ダイヤの大きさと品質次第だ。


 同社はボツワナでの入札で売却する可能性が高いが、カットや研磨、最終的な売却までには何年もかかる可能性がある。
 こうした並外れた原石のカッティングの主な拠点はアントワープとニューヨークとなっている。

 
 世界最大のダイヤである3106カラットのカリナンは1905年、南アフリカ共和国のプレトリア近郊で発見された。
 その後、「偉大なアフリカの星」や「アフリカの小さな星」などにカットされた。



   
           ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
      人気ブログランキングへ    

   

 
 




    
posted by まねきねこ at 21:20| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]