当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年11月19日

樹木から低カロリーで脂質がない麺類を製造


 木材パルプなどを原料とするレーヨンが主力商品で、国内2位の
   オーミケンシ(大阪市)
がは、約100年にわたって製造してきた繊維製品をめぐる競合が激化する中
   健康食品事業
への参入を目指しており、繊維製造技術を利用して樹木から麺類をつくろうとしている。

 このレーヨン製造技術を応用して木材パルプから食物繊維を取り出し、コンニャク粉と混ぜて食品にする。

 その結果生まれる「セルイート」と呼ばれる繊維分の多い粉にはグルテンや脂質は含まれず、炭水化物もほとんど含まれていない。

 小麦が1キログラムが3680カロリーであるのに対し、セルイートはわずか60カロリーしかない。

 
 オーミケンシ戦略素材開発室の浅見孝志・室長はメディアとのインタビューで、当社は食品事業に参入しつつあると述べ、日本の繊維市場が飽和状態で輸入の増加に脅かされているのに対し、ダイエット食品の需要は力強く有望だと語った。

 コンニャクだけでできた麺類は既にあるが、苦味があり粉に加工するのが困難だった。

 そのため、パルプを利用して風味と質感を改善したという。

 
 なお、オーミケンシのセルイートは、日本の農家に恩恵をもたらす可能性があるという。

 日本政府は群馬県が大半を占める国内のコンニャク農家を保護するため1キログラム当たり2796円の輸入関税を課しているが環太平洋連携協定(TPP)の下で政府は輸入関税を15%引き下げることで合意した。

 
 オーミケンシは兵庫県加古川市の繊維工場にあるセルイートの生産施設に約10億円を投じる予定という。

 これにより生産は来年、月間30トンから開始し、需要に応じて3倍に増やすことが可能となる。
 なお、同社はセルイートの市場や製品の開発に向け、複数の食品会社と協議している。

 
 セルイートについて、ラーメンやパスタ、ギョーザの皮などを製造する際に小麦の代替として利用できると説明した。
 将来は、子供の肥満が問題になりつつある中国への輸出も検討していると語った。




   
    
           ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
      人気ブログランキングへ    

   

 
 




     
posted by まねきねこ at 05:50| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429896850
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]