当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年11月17日

資産家ピケンズ氏のエネルギーファンドの時価総額が50%余り減少


 資産家ブーン・ピケンズ氏が率いる
   TBPインベストメンツ・マネジメント(ダラス)
のエネルギー関連株の持ち高の時価総額は7−9月(第3四半期)に方針転換し、50%余り減少し3560万ドル(約43億9000万円)に減らした。
 ここ数十年で最大の原油価格下落は多くの市場関係者の予想よりも長引いている。

 
 同ファンドは、パイオニア・エナジー・サービシズやC&Jエナジー・サービシズ、パターソン・UTIエナジーといった比較的小規模な油田サービス会社を含む13社から投資を引き揚げた。

 また、アパッチやオクシデンタル・ペトロリアムなどの探査企業の持ち分も売却した。

 
 ピケンズ氏のファンドが売却した持ち高の多くは4−6月(第2四半期)に購入したものだった。  

 同ファンドは、探査会社のホワイティング・ペトロリアムやPDCエナジー、シナジー・リソーシズの3社の株式を購入した。

 
 油田サービス最大手のシュルンベルジェは10月に、同業界は2017年まで回復しない可能性が高いとの見通しを示した。

 同社のパール・キブスガード最高経営責任者(CEO)は3カ月前には油田サービス業界について、既に米国の原油下落の最悪期を過ぎたと考えていると述べていた。

 同業界は昨年の原油価格下落開始を受けて最初に設備投資と人員を削減、石油業界の中で最も打撃を受けている。




   
    
           ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
      人気ブログランキングへ    

   

 
 




     
posted by まねきねこ at 19:18| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]