当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年11月04日

仙台小槌銀(せんだいこづちぎん) 


仙台小槌銀(せんだいこづちぎん)

 地方貨幣の一種で幕末期の文久3年(1863年)に発行された銀貨で南鐐と呼ばれる上銀に近い。
 
 仙台小槌銀は楕円形粒状の形状で豆板銀と同様のもので、縦6分(18ミリメートル)横5分(15ミリメートル)程度、量目(質量)は2.2匁前後(8.0〜8.5グラム)である。

 二朱通用との説もあるが、一分銀の量目に近く豆板銀と異なりほぼ一定であることから一分通用とも言われる。

 銀品位は不明であるが、かなり高品位であると推測されいものである。

 表面には打出の小槌の模様の中央に「文久」の極印が打たれている。


 裏面には中央に「銀山」の陽刻と右側に「仙」の陰刻極印が打たれ、仙台藩のものであることを意味する。
 銀山については鋳造地を示すものと考えられているが何処の鉱山であるかは特定されていない。

 
 大量に製造された形跡が確認されていない。

 打出の小槌の模様があり貨幣としては手の込んだつくりであることから、流通目的よりはむしろ祝鋳的銀貨であるとの見方が大勢を占めている。


  
 現存するものは磨耗がほとんど見られず、ほとんど流通していないことを示唆している。




       






          ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
      人気ブログランキングへ   
   




最近の経済・政治関連の記事

  
   






   

  




 
posted by まねきねこ at 20:14| 愛知 ☀| Comment(0) | スタンプとコイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]