当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年11月02日

中国の大豆圧砕業者が現物の購入増やす


 中国は飼料や食用油に利用される大豆の世界最大の輸入国として知られ、今穀物年度に大豆輸入が過去最高に達する可能性が高まっている。

 米国CHSの大豆製品リスク管理担当ディレクター
   ブルース・ウェバー氏
は、60−90日先より4−6週間以内に引き渡しとなる大豆の購入が増えていると指摘した。

 

 世界最大の油糧種子加工会社、米国ブンゲの
   ソレン・シュローダー最高経営責任者(CEO)
は10月29日のメディアとのインタビューで
   「3、4、5カ月前もって購入」
するというような、ここ数年見られたような購入の仕方ではないと述べた。

 
 米農務省によると、中国の大豆輸入は2015−16穀物年度(15年9月−16年8月)に7900万トンと予想されている。

 
 現物購入への移行の要因としては少なくとも3つ挙げられている。

 シュローダーCEOによればまず、中国の金融仲介会社が先物購入向けへの融資を削減しつつあること。
 第2に、中国の圧砕業者にとって「国内での収益性があまり高くないため大量の大豆を先物購入する動機付けがないこと。
 さらに中国の圧砕マージンは米国の約半分である可能性が高いことが挙げられるという。
 




ひとこと

 気象の影響を受けやすい穀物類は予想外に生産が低下することもあり、逆もある。





    
          ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
      人気ブログランキングへ   
   




最近の経済・政治関連の記事

  
   






   

  




  
posted by まねきねこ at 21:47| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]