当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年10月05日

アフガンで米軍が病院を誤爆か、死傷者多数 通知後も空爆続く

 
 

 
 アフガニスタン北部のクンドゥズ(Kunduz)で3日、病院が空爆され、国際医療支援団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」の職員9人が死亡、37人が負傷し、多数が行方不明になっている。

 MSFが同日明らかにした。北大西洋条約機構(NATO)によれば空爆を行ったのは米軍の可能性があるという。

 MSFは「現地時間午前2時10分…長時間にわたる空爆の中クンドゥズのMSF外傷センターは数回の直撃を受け、激しく損壊した」などとする声明を発表した。

 MSFによると空爆時に病院には患者と介護者が105人、国内外のMSF職員が80人以上いた。

 この病院は同地域の重要医療機関と位置付けられている。

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)が先月28日にクンドゥズを制圧したことを受け、NATOの特殊部隊と米軍による空爆の支援を受けたアフガニスタンの治安部隊が建物を一軒一軒調べてタリバンをクンドゥズから一掃しようとしていた。

 NATOは声明を発表し、「米軍は、(現地時間)午前2時15分にクンドゥズで…米軍に敵対した複数の個人に対する空爆を終了した」と明らかにするとともに、今回の空爆によって付近の医療施設が被害を受けた恐れがあるとして、現在調査中だと発表した。


 MSFは3日、病院が空爆されているという情報が米国とアフガニスタン両国の軍当局に最初に通知された後も空爆は30分以上続いたとする声明を発表した。

 声明は「アフガニスタン政府と米政府を含む紛争の全当事者にはMSFの施設の正確な位置(GPSの座標)が伝えられていた」としている。
 
 
 
 
 
最近の経済・政治関連記事
 
 ■ ABインベブ 同業2位の英SABミラーを買収
 
 ■ イスラム国(IS)」の傭兵200名が戦線を離脱 戦闘員の給与が最大75%削減の影響
 
 ■ 国慶節の期間中の中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想
 
 
 
 
 
      
posted by まねきねこ at 04:59| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]