当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年08月26日

転んで1億8000万円の名画に「穴」(台湾)

 
 

 
 台湾で行われた美術展を訪れた12歳の少年が会場内で転倒し
   150万ドル(約1億8000万円)相当
の17世紀のイタリアの名画に穴を開けてしまった。

 被害に遭った絵画は、台北(Taipei)で行われていた美術展に出品されていた55点の中の1つで、17世紀のイタリアの画家パオロ・ポルポラ(Paolo Porpora)の油彩画「花」。

 美術展の主催者が発表したビデオ映像によると、今月23日に来場した少年はこの作品の前にあった台につまずいて倒れ込み、自分の体を支えようとして絵画に手をついた。
 
 少年は途方に暮れた様子で周囲を見回した後、絵の前から立ち去った。絵画にはこぶし大の穴が開いた。
 
 
 現地報道によれば、主催者側は少年の家族に賠償は請求しないとしている。
 主催者は24日、作品は現場で修復作業中だと明らかにした。

 この美術展には、2億ユーロ(約280億円)相当のレオナルド・ダビンチ(Leonardo Da Vinci)の自画像も出展されていた。 
 
 
  
 
 
ひところ
 
 台につまずいて倒れ込んだというが、台は何のために置いてあったのだろうか。誰が大を置いたのか?
 躓いた少年は台につまずく前に何をしていたのだろうか...
 
 
 
 
 

 
  


   
 
   
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 06:25| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]