当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年07月17日

神社


 神社は日本の宗教の神道の祭祀施設である神社は現在およそ85000あるという。

 創建されたのが4世紀5世紀という神社も数多く見られる。

 古くは神聖な山、滝、岩、森、巨木などに「カミ様」が宿るとして敬い、社殿がなくとも「神社」としている自然崇拝としてのご神体も多い。

 現在の社殿を伴う「神社」では、これらの神々が祀られた祭殿が常設化したものとされ、神は目に見えないものであり、神の形は作られなかった。


 神社の社殿の内部のご神体の多くは、神が仮宿する足場とされた御幣や鏡であったり、あるいはまったくの空間であることもある。 

 参拝者が、それを敬い、畏怖し、そして感謝するという行為は、太古の時代に自然発生的に各地で生まれたものといわれ、未知なるものに囲まれていた昔の人々は、それらを全て解明しようとせずに、一部を神聖化、神格化して、奉ったともされる。


 生命や日々の生活に対する不安や喜びや感謝や願いや望みなどが、謙虚さを伴った結果であり個人が信仰していたものが、徐々に地域の人々、集合体として奉るようになり、それが次第に形を持って、「神社」になっていったものとも推測されている。


 また、霊力や権力を持ったものを中心に成立していったものもあり、神社の中には、故人(特に皇室や武人)を神格化して奉った神社や古墳などの上に設置されたものも数多くある。

 

 仏教とは異なり、神道はもともとが自然崇拝、自然信仰で、生活であり、感謝、記念、尊敬だったといわれている。


 そのため、人知力では適わない自然の影響を受けやすい五穀豊穣、無病息災を祈り、子孫繁栄を願い、日々の生活の向上を望むものとなった。

 作物を献上し、感謝の意を示すことが多い。


 多くの神社は今も地域の人々に守られ共同体の中にある。



  

     
            ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
       人気ブログランキングへ





最近の科学・医療関連の記事








     
  
   
    


     
posted by まねきねこ at 08:32| 愛知 ☀| Comment(0) | 社寺仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: