当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2015年06月15日

南アでミツバチの伝染病が大流行、食料生産への影響を懸念

 
 

 
 これまで、病気に対して比較的強い耐性をみせていた南アフリカのミツバチだが、現在その固体数が激減している──。専門家らは、花粉媒介生物の減少で今後の食物生産に影響が出る恐れがあると指摘する。

 西ケープ(Western Cape)州ステレンボッシュ(Stellenbosch)にある農業研究審議会のミツバチ専門家、マイク・アルソップ(Mike Allsopp)氏は、細菌性疾患「腐蛆病」が近年初めて、南アフリカで急速に広がっていると説明した。

 南アフリカで現在みられる腐蛆病は「アメリカ株」。同国では以前にも腐蛆病が流行したことがあるが、その時は「欧州株」だったという。

 腐蛆病はハチの幼虫を殺すため、最終的には巣全体の崩壊につながる。崩壊した巣への攻撃や、細菌に感染した蜜などを移動することで感染が拡大する。

 南アフリカでは今回、腐蛆病が過去5か月間で急激に広まった。その範囲は約500〜400平方キロにわたり、大半の養蜂場で感染が確認されているという。

 考えうる最悪のシナリオは、数多くの小規模養蜂場があるアフリカ北部にまでこの病気が拡散することだ。これらの養蜂場では、労働者数十万人が従事しているといわれている。

 国際環境保護団体のグリーンピース(Greenpeace)によると、食用作物の上位100種のうち約70種(世界の栄養分の約90%を占める)は、ハチの受粉を必要としているという。
 
 
 

 


 
 
 
    
 
    ・ Refine-covo 】へのリンク
 
 
 
 
    
posted by まねきねこ at 19:56| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]