当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2014年05月10日

CO2濃度上昇で穀物の栄養成分が減少


 
 英科学誌ネイチャー(Nature)7日、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の上昇により
   コメや小麦
などの主要穀物の栄養成分が大きく減少するとの研究が発表された。
 
 
 品種開発メーカーは、これらの穀物がCO2排出量の急増に脆弱であることに対策するべきだと研究者らは提言した。
 
 
 米国のハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health、HSPH)などの研究者らは、日本、オーストラリア、米国の7か所の実験農場で穀物6種41品種の調査を行った。
 
 実験農場の植物は、水平に設置したガスパイプから放出される高濃度のCO2にさらされた。
 
 
 通常の大気のCO2濃度は約400ppm(ppmは100万分の1を意味する単位)で、現在1年に2〜3ppmの速度で上昇している。
 
 
 実験農場の植物は、研究チームの作った「CO2を増量」した環境で、546〜586ppmのCO2濃度の中で栽培された。
 これは、悲観的なシナリオで今世紀半ばにも到達するとされているよりは低い濃度という。
 
 
 国連(UN)は気温上昇を2度以内に抑えることを目標にしているが、このシナリオでは気温は産業革命前より3度以上上昇する。

 
 この結果、実験環境で栽培された小麦は、含有する亜鉛、鉄分、タンパク質の濃度が通常の環境で栽培された小麦よりもそれぞれ9.3%、5.1%、6.3%少なかった。
 
 なお、コメでは、亜鉛、鉄分、タンパク質の濃度がそれぞれ3.3%、5.2%、7.8%減少した。
 ただし、栄養成分の減少幅は品種によって大きく異なった。
 
 
 エンドウマメやダイズでも亜鉛や鉄分の減少が確認されたが、タンパク質の濃度はほとんど変化がみられなかった。
 一方、トウモロコシとソルガムでは、CO2濃度の上昇の影響は比較的小さかった。
 
 
 
 論文は、貧困国に支援がなければ、貧困国の栄養状況はいっそう悪化する恐れがあると警告した。
 亜鉛または鉄分が不足している人は世界中に20億人ほどいる。
 
 亜鉛が不足すると免疫系に影響を及ぼし、鉄分不足は貧血の原因となる。
 
 
 
 
ひとこと
 CO2の増加で気温が上昇すれば結果として、穀物生産が大幅に増することになる。総合して考えれば穀物に含まれる栄養素は増加する。
 CO2が植物が生き残るための栄養素を内部に貯めておく必要性が低下することも背景としてあるのだろう。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
最近の気になる記事
 
 ■ アスピリンで大腸がんリスク半減
 ■ 牛糞は抗生物質耐性遺伝子の宝庫?
 ■ 若返りを実証する3つの研究
 
 
 
 


 
 
 
  
     
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 07:33| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]