当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2014年04月28日

禁酒法

 米国における禁酒法とは1920年から1933年まで米合衆国憲法修正第18条下において施行され、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面的に禁止された法律のこと。

 1920年代の初頭にはすでにいくつかの州で、個別に禁酒法は施行されていた。
 当時、モルモン教やクエーカー教などのように
   宗教の戒律
で飲酒を禁じているケースもあり宗教的や諸々、厳格な習慣と規律を重んじる国民が草の根運動から開始し、婦人系団体の支持を集めつつ各宗教派閥も巻き込んで、州ごとに禁酒法を成立させていた。
 
 第一次大戦中には、醸造業者に多いドイツ系市民に対する反発なども加わって、一気に憲法の修正案が議会を通過した。


 1919年6月30日に制定された「禁酒法」により、5%以上のアルコールを含む飲料は、製造・輸入・販売が禁止された。
 
 法律で、アメリカ人は飲酒の楽しみを奪われた。
 ただ、長年の習慣を簡単に変えられず、密造酒がは地下に潜って製造販売され、ギャングたちは密造酒で莫大な利益を確保した。
 
 「禁酒法」ができてからというものの、ギャングたちの事業はまさに全盛を極め莫大な資金が流れ込み、武器等を購入して武装化していった。
 
 

 この時期の大きな特徴は、ギャング組織の規模が大きくなり縄張りが協定ないしギャング間の抗争の結果定められ、組織間の連携に伴い密造酒の製造・運搬等物流網が拡大して整備され、一種のカルテル化が行なわれた。
 
 
 有力なボスの下にはそれぞれ組織が作られた。
 ギャング間の連合が形成されてギャングのボスたちは定期的に集まって、仲間に有利なカルテル化の戦略を練った。
 
 こうして全国的な「犯罪シンジケート」ができ上がっていった。


 この時代のギャングは一般に、アル・カポネやラッキー・ルチアーノ、ジョニー・トリオといったイタリア系マフィアが有名である。
 
 なお、禁酒法時代の組織犯罪はユダヤ・ギャングによっても集金マシーンとしての機能を持って支配されるなど二重構造となっていた。
  
 
  
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ

  
 
    


 
 
  
  
posted by まねきねこ at 05:08| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]