当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2014年03月27日

米国の研究でパンダは「甘党」と判明?


 
 ジャイアントパンダの味覚を検査した結果、対象となった8頭中8頭が
   「甘いもの」を好む傾向
にあったとの研究報告が、26日の米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された。
 
 
 「一般的に草食動物は、植物に含まれるエネルギー源の糖分を判別するために甘みを感じる味覚を備えている」と、研究を実施した
   モネル化学感覚研究所
     (Monell Chemical Senses Center)
のゲーリー・ビューチャンプ(Gary Beauchamp)所長は説明した。
 
 
しかしパンダは他の草食動物と異なり1種類の植物──竹──しか食べない。
 そして竹に含まれる糖分は極めて少ない。
 
 
そこで研究チームは、糖分をほとんど摂取しないパンダは肉食動物と同様に甘みの味覚を失っているはずとの仮説を立てて検証を行った。

だがその結果、パンダは他の草食動物と同じく、「甘党」であることが判明した。

 

研究チームは、甘い液体と甘くない液体の入った2つの容器をパンダに与えた。
 すると8頭のパンダの全頭が甘い方の液体を飲んだ。

糖の種類を変えて試験を繰り返した。結果、全ての試験で甘い液体が好まれ、特に人間も最も甘みを感じる果糖とショ糖が最も好まれた。

さらに研究チームは細胞レベルの分析を実施し、パンダの味細胞が糖に反応することを示した。
 
 
パンダが甘みを感じる味細胞を今も持っている理由について、研究チームは、味覚以外の要因として、脾臓や胃腸で植物の消化に役立てられている可能性があると結論づけた。
 
 
 
   
posted by まねきねこ at 21:16| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]