当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年12月30日

エイブ・アッテル 世界フェザー級史上最強のチャンピオンの一人

エイブ・アッテル
    Abe Attell
      (1884年2月22日 - 1970年2月6日)
 ユダヤ系米国人の元プロボクサーでカリフォルニア州サンフランシスコ出身
 世界フェザー級 17歳8か月でフェザー級王座に就き、11年4か月にわたってこれを保持した。
 同級史上最強のチャンピオンの一人とされてる。
 
 本 名 Abraham Washington Attell
  
 
  
 
 
 
 身長158cmと体格には恵まれなかったが、強打と技巧、そして狡猾さを兼ね備え、ライト級やウェルター級の選手とも戦うなど、当時としては卓越した強さを誇った。
 
 
 サンフランシコの貧しい家庭に生まれ、周囲のユダヤ系に対する差別から喧嘩に明け暮れた。
 
 近所の「いじめっ子」との喧嘩に負け、仕返しをするために
   ボクシングジム
に入門した。
  
 1900年、「いじめっ子」との試合に勝って報酬を手にしたことからプロに転身した。
 
 デビューから4か月で16試合を戦って全勝(15KO)を記録した。
 
 1901年には
   ジョージ・ディクソン
と戦って勝ち、世界チャンピオンとなった。
 
 以降11度の防衛を果たし、11年4か月にわたって王座を保持し続けた。
 1912年2月、ジョニー・キルベーンに20回判定負けし、遂に王座から陥落した。
 
 試合でわざと負けて次の試合の賭け率を高くした後、自分に大金を賭けて勝つなどを平気でしていたという。
 
 
 老いては大リーグ最悪の八百長疑惑
   ボストンの黒い霧事件
の黒幕も言われる等、リング外での話題でも多彩なチャンピオンだった。

 1970年2月6日、85歳で死去した。
 
 
  
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 
 
 


 
 
      
  

    
posted by まねきねこ at 22:06| 愛知 ☀| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]