当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年11月05日

ルイス・バカルター ギャングの大物ボスで死刑になった最初で最後の人物

 
“レプキ”ルイス・バカルター

      Louis "Lepke" Buchalter
          1897年2月12日
              - 1944年3月4日
  
 
 NYのユダヤ系ギャングスター
 渾名は、イディッシュ語で「小さなルイス」を意味する"Lepkeleh"から来ており、これは母が少年時代に彼をそう呼んでいたことにちなむ。
 
 
 イタリア系の犯罪組織のベンジャミン・シーゲル、 マイヤー・ランスキーと手を組み
   マーダー・インク「殺人株式会社」
を結成し、バカルターはトップとして暗殺部隊を指揮し、ギャングの大物ボスで死刑になった最初で最後の人物。

 
 ニューヨーク・マンハッタンの
   ロウアー・イースト・サイド
         (Lower East Side, Manhattan)
で、東欧出身のユダヤ移民の間で生まれ、少年時代から盗みに手を出しており、22歳までに2年近くも服役していた。

 
 友人の
   ジェイコブ・シャピロ
       (Jacob Shapiro)
とともに労働運動を利用し、企業や労働組合に対する恐喝などを続けた。
 
 
 
 バカルターは服飾産業の組合を牛耳っており配下には
   アルバート・アナスタシア
などがいた。
 
 1927年にはライバルの
   “リトル・オージー”ジェイコブ・オーゲン
              (Jacob "Little Augie" Orgen)
をシャピロと共に殺害して権益を奪った。

 
 1930年代初頭、ラッキー・ルチアーノジョニー・トーリオとともに「緩やかな」同盟を結成した。
 
 
 1937年に特別検察官の
   トーマス・デューイ
が組織犯罪に対して圧力をかけたため一時期姿を隠している。
 
 その間、自分を有罪にする恐れのある人物を次々と消していった。
 
 
 そして2年後の1939年、ルチアーノから連邦法によって麻薬取締法で裁かれればニューヨーク州から殺人で告発されることは無いという助言もありバカルター自ら連邦捜査局に出頭した。
 
 当初は懲役14年の刑を受けてカンザス州レブンワース連邦刑務所へ送られた。
 その後、ニューヨークのデューイの元へ引き渡されて懲役30年の判決を受けた。

 
 翌1940年に側近の
   “キッド・ツイスト”エイブ・レルズ
が逮捕され、司法取引によりバカルターらのことを洗いざらい告白した。
 
 そのことで未解決事件がブルックリンだけで49件も片付いた。
 
  
 
 バカルターは1936年に殺害されたブルックリンのキャンディーショップ店主
   ジョゼフ・ローゼン
の殺害容疑で起訴された。
 
 ローゼンはバカルターが牛耳っていた服飾会社の元運転手だったが、当局に内通していると疑われたため殺害された。
 
 この事件の訴訟で1942年10月にバカルターは死刑判決を受けている。

 
 なお、バカルターは死刑執行を免れようと手練手管を用いて抵抗したものの、1944年3月4日、ニューヨーク州のシンシン刑務所で2人の部下
   ルイス・カポネ(Louis Capone)
   “メンディー”エマニュエル・ワイス(Emanuel "Mendy" Weiss)
と共に電気椅子で処刑された。
 
 なお、電気椅子で死んだ唯一の大物ギャングといわれている。
 
 
  
  
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 
    人気ブログランキングへ

 
 
  

  
  
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]