当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年09月15日

ケニア北部の乾燥地帯で大量の地下水発見


 
 ケニア政府と国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)は11日、水が少なく住民も貧しいケニア北部トゥルカナ(Turkana)地方で最先端の衛星探査技術を利用して
   膨大な量の地下水
を帯水層(地下水で飽和した透水性のある岩石や沈泥の地層)を2か所で発見、UNESCOが掘削を支援した。
 
 
 世界有数の乾燥地帯の
   住民約50万人
の生活を一変させる可能性がある科学技術の成果だと歓迎されている。
 
 現地は2年前に壊滅的な干ばつに見舞われ、人道支援関係者はこれが原因で栄養失調率が37%に上昇したと指摘した。
 
 
 水資源探査を実施した資源探査企業
   レーダー・テクノロジーズ・インターナショナル
        (Radar Technologies International、RTI)
は、一帯の地下水埋蔵量が少なくとも2500億立方メートル、年間補給ペースがオーストリアの水需要とほぼ同じ34億立方メートルに上るとの推計を示している。

 
 生活に適さない砂漠さながらのトゥルカナ地方は、ウガンダや南スーダン、エチオピアとの国境に近く、ケニア国内で最も所得水準が低い。
 
 住民はほぼ遊牧生活を余儀なくされ、立場の弱さはアフリカ有数とされている。また、一帯では家畜の放牧地をめぐる衝突が頻発しており、互いに対立する集団が銃で武装している場合も多い。

 ケニアの人口4100万人余りのうち、1700万人は飲用に適した安全な水を調達できず、2800万人は適切な公衆衛生を欠いた生活環境に置かれている。

 同国北部には、南北250キロ、東西が最大60キロで世界最大の砂漠湖トゥルカナ湖(Lake Turkana)がある。
 ただ、ヒスイのような深緑色で知られる湖水は、同湖に流れ込んでいる川に隣国エチオピアが水力発電用のダムを建設する影響で、失われる危機にさらされている。

 また、トゥルカナ地方では石油の試掘も行われている。
 
 
   ブロンズリール 20m ブラウン BR4-XT20BRPL
 
 
 
 ■ 龍泉洞の水 2L 日本三大鍾乳洞の地下水脈より採水
 ■ 《北海道の大雪山麓で汲まれた》深層地下水 赤ちゃんにも安心の軟水です!!
 ■ 尾鷲名水 熊野古道水 (2L×6本)×2箱
 
 
 
  
posted by まねきねこ at 22:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]