当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年03月05日

ジャック・ルーシェ Jacques Loussier

ジャック・ルーシェ
     Jacques Loussier
      (1934年10月26日 - )
 
 フランスのピアニストで作曲家
 『G線上のアリア』、『ゴルトベルク変奏曲』をはじめとする
   ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
          (Johann Sebastian Bach)
作品のジャズ演奏で知られる。
 
 10歳にして才能を示し、16歳でパリ国立高等音楽・舞踊学校に入った。
 
 パリ音楽院の指導的教師の一人
   イヴ・ナット
の下で学びながら、作曲を始めた。
 6年で卒業後、1年間世界中を旅し、中東、南米、キューバのサウンドを体験した。

 1959年、ピアニストとして、ベーシストの
   ピエール・ミシュロ
      (Pierre Michelot)
ドラマーの
   クリスチャン・ギャロ
      (Christian Garros)
と「ジャック・ルーシェ・トリオ」を結成した。
 
 バッハの作品をジャズ風に解釈し演奏、多くのライブ出演、ツアー、コンサートを行った。
 なお、1978年に、トリオは解散した。
 
 バッハ生誕300年にあたる1985年に、アンドレ・アルピノ(ドラム)、バンサン・シャルボン(ベース)と第二期ジャック・ルーシェ・トリオを結成した。
 
 バッハ以外にアントニオ・ヴィヴァルディの作品も取り上げ演奏した。
 
 
   ↓ 応援クリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 
 


 
 
   
 
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 16:11| 愛知 ☁| Comment(0) | JAZZ MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]