当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年03月11日

ソニー・スティット Sonny Stitt

ソニー・スティット
     Sonny Stitt
 (1924年2月2日 - 1982年7月22日)
 
 ビバップ期およびハードバップ期に活躍したジャズ・サクソフォン奏者
 
 マサチューセッツ州はボストンに生まれ、ミシガン州のサギノーに育った。
 家庭の環境は音楽的であり、父親は大学の音楽教授で母親はピアノ教師、兄弟もクラシック音楽の教育を受けたピアニストであった。
 

 チャーリー・パーカーの最も優れた弟子でブルースやスカイラーク(Skylark)のようなバラードによってとりわけ深い感銘を与え、生前に100点以上の録音を残した。 
 ジョン・コルトレーンに影響を与えた。
  
 1940年代初頭にタイニー・ブラッドショウのビッグバンドの花形となり、1945年にはガレスピー楽団でチャーリー・パーカーの後任になっている。

 1945年から1949年まで、ビリー・エクスタインのビッグバンドにおいて、将来のバップ様式の先駆者であるデクスター・ゴードンやジーン・アモンズと並んで、アルト・サクソフォン奏者を受け持った。退団する頃にはテナー・サクソフォンをより頻繁に演奏した。
 
 1948年から1949年まで麻薬密売の罪でレキシントン刑務所に収容されている。

 前科の影響でスティットに日本入国が許可されたのは、1978年9月25日の
   モンタレー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン
である。
 
 
   ↓ 応援クリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 
 
 


 
 
     
 
 
 
posted by まねきねこ at 21:55| 愛知 ☀| Comment(0) | JAZZ MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]