当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年03月11日

オリノコタールサンド油田 Orinoco Tar Sands

オリノコタールサンド油田
       Orinoco Tar Sands
 埋蔵量 1.7兆バレル
 ベネズエラのオリノコ川北岸、約 5 万 km2の広大な地域に帯状に賦存する
   超重質油
のことでオリノコ油田とも呼ばれる。
 
 
 オリノコタール(ウルトラヘビーオイル)は、カナダの
   オイルサンド
とともに、非在来型石油資源のなかでは、超重質油または天然ビチューメンと呼ばれる。
 なお、世界石油会議 WPC(World Petroleum Congress)の定義で、API 比重が 10 度以下で、粘性が 10,000 センチポアズ(Cp)以下のものを超重質油、10,000 Cp 以上のものを天然ビチューメンと呼んでいる。
  
 
 成因的には、地下深部で生成された油が移動する途中、または貯留岩に移動集積した後に、軽質分、揮発分が失われ重質化したものである。
 
 ベネズエラのウルトラヘビーオイルの資源量については、原始量で 1.2 兆バレル、そのうち将来的に開発可能なものが 2,600 〜 2,700 億バレルといわれている。
 ほぼ同量の埋蔵量があると推定されているカナダのオイルサンドとともに、サウジアラビアの通常原油埋蔵量にほぼ匹敵する量となっている。
 
 
 オリノコ川北岸の熱帯サバンナ地域、地下 600 〜 1,000m の深度に鉱床が発達している。
 本来の粘性は通常原油より高いが、油層においては流動化しておりポンピングによる汲み上げ方式によって開発している。
 
 
 オリノコヘビーオイルは、硫黄分、重金属を多量に含むため、通常の製油所では精製できないことから改質(アップグレード)工程で軽質化、脱硫、脱重金属化したうえで、合成原油としてマーケットに出される。
 
 改質手法は大きく分けて、熱分解法(炭素除去法)と水素化添加法の 2 種類がある。
 
 このほか、水と界面活性剤を加えた上で
   発電用の燃料
   (商品名はオリマルジョン)
としてもマーケットに出されている。
 
  
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
   
 
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 世界の金山、鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]