当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2012年04月29日

クリスチャン・ディオール Christian Dior

クリスチャン・ディオール
     Christian Dior 
   (1905年1月21日 - 1957年10月24日)
 
 
 フランスのファッションデザイナーで1950年代に活躍、創立したファッションブランドを展開している。
 企業ブランドとしては通称
   ディオール(Dior)
と呼ばれ、フランスを本拠地とする複合企業、LVMHに属している。
 
 
 フランス北西部ノルマンディーマンシュ県・グランヴィルで実業家の家庭に生まれた。
 
 両親の願望に応じて外交官になる望みから1920年から1925年12月までフランスの
   パリ政治学院
に学んだものの、ディオールは芸術に強い興味を持っていた。
 
 親からの出資で1928年に小さなアートギャラリーを持ち
   パブロ・ピカソ
   マックス・ジャコブ
などの絵を置いたものの世界恐慌の影響など家庭の財政的な問題により2年でギャラリーを閉鎖した。
 
 その後、1930年代には
   オートクチュールハウス
のためにスケッチデザインをやることによって生計を立てるようになった。
 
 1938年にロバート・ピゲ(Robert Piguet)と仕事をして、後に
   リュシアン・ルロン
      (Lucien Lelong)
のファッションハウスのデザイナーとして1941年に仕事に加わった。
 
 そこで、ディオールとピエール・バルマンユ、ベール・ド・ジバンシーは主要なデザイナ−として活躍した。
 
 
 ディオールは第2次世界大戦終了の1945年に独立し事業を始めた。
 
 綿のファブリック王との異名もある繊維業および競走馬生産者として成功した
   マルセル・ブサック
      (Marcel Boussac
の援助により1946年12月、パリのアヴェニュー・モンテーニュ30番地にファッションハウスを設立した。
 
 翌1947年2月には最初のファッションショーを開催、この
   春夏コレクション
にディオールが採用したラインが、いわゆる「ニュールック」である。
 
 これはアラビア数字の8にも似た、細く絞ったウェストとゆったりしたフレアスカートを特徴とするものであった。
 
 
 戦時中の資材不足によりフランスのクチュリエ(服飾デザイナー)たちが1着の服に使える布の面積に厳しい制限を抱えていた。
 
 このため、戦後『ハーパース・バザー』誌の編集長であった
   カーメル・スノウ
        (Carmel Snow)
はこのコレクションに衝撃を受け、「ニュールック」と呼んだといわれる。

 戦後のファッションの指針を示したディオールは47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨した。 
  
 
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 
 
    
    
  
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]