当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2013年08月30日

ベンジャミン・ディズレーリ ヴィクトリア朝期の政治家

 
ベンジャミン・ディズレーリ

    Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield
          (1804年12月21日 - 1881年4月19日)
    ビーコンズフィールド伯(初世)
 
 イギリスのヴィクトリア朝期の政治家
 首相(在任:1868年、1874年 - 1880年)
 
 宿敵ウィリアム・グラッドストンと共にヴィクトリア期の英国議会で政党政治を牽引した。
 また、小説家としても活躍した。
 現在に至るまでイギリス首相となったユダヤ人はディズレーリのみ。愛称はDizzy。

 1876年に伯爵を授けられ、ビーコンズフィールド伯となった。
 ディズレーリの死後、伯爵位の継承者はなく廃絶した。
  
 
 イタリア系セファルディム・ユダヤ人の文人・歴史家
   アイザック・ディズレーリ
         (Isaac D'Israeli)
の長男として誕生、13歳の時に洗礼を受け、キリスト教徒となった。
 
 17歳の時、弁護士事務所での勤務を始めるが、程なくして退職している。
 以後、株式投資や新聞事業に手を出して失敗を続けた。
  
 
 1826年に発表した小説
   ヴィヴィアン・グレイ(Vivian Grey)
が大きな反響を呼び小説家としての地歩を固めた。
 
 1832年以来4度の選挙に出馬するも落選した。
 
 保守党(トーリー党)から議会に1837年に選出される。
 
 
 保守党ダービー内閣で3度蔵相を務め、その後首相を2度務めている。
 
 首相在任中の1875年にスエズ運河(国際スエズ運河会社)を買収(株式の44%、17万株を取得)した。
 なおこの買収に際して、英国政府はユダヤ人の大資本家ロスチャイルドから借金をした。

 1878年のベルリン会議でビスマルクの事実上の協力もあり、ロシアの南下政策を阻止することに成功した。 
 
 ベルリン会議での外交的勝利の後、ヴィクトリア女王はディズレーリに公爵位(duke)を与えようとしたが、本人はこれを辞退し、ガーター勲章のみ受け取った。
 
 
 英国は南下政策でインドを狙うロシアに対抗し、1880年にアフガニスタンに侵攻
   アフガン戦争
     (アングロ・アフガン戦争)
を引き起こし、また南アフリカで第1次ボーア戦争を仕掛けた。
 
 イギリスは侵略軍であり各地で抵抗にあり苦戦を強いられた。
 
 これによりディズレーリは求心力を失い、同年に行われた総選挙で敗北を喫し、責任を取って辞職した。
 1881年に病死した。 
  
 
 
  
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
  人気ブログランキングへ
 
 

 

 
     
 
 
 
posted by まねきねこ at 18:40| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]