当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年09月12日

坂本 龍馬 倒幕および明治維新に影響を与えた幕末の志士

坂本 龍馬
   天保6年11月15日(1836年1月3日)
      - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)
 
 
 坂本家は質屋、酒造業、呉服商を営む豪商才谷屋の分家で、第六代・直益の時に長男・直海が藩から郷士御用人に召し出されて坂本家を興した。
 
 土佐郷士に属し、脱藩したのち、倒幕および明治維新に影響を与えた幕末の志士
 諱は直陰、のちに直柔で、通称は龍馬と呼ばれている。
 
  
 土佐藩脱藩後、勝海舟が神戸海軍操練所を廃止するに際し、薩摩藩城代家老
   小松帯刀
に薩摩藩の庇護を依頼しており、航海術の専門知識を重視した薩摩藩は、慶応元年(1865年)5月頃に龍馬らに出資して貿易会社と政治組織を兼ねた
   亀山社中(後の海援隊)
を結成させた。
  
 
 亀山社中の初仕事としては同年8月、長崎のグラバー商会からミニエール銃4,300挺、ゲベール銃3,000挺の薩摩藩名義での長州藩への買い付け斡旋である。
 
 その後、薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力した。
 
 
 生前より死後に有名になった人物であり、明治の政治家の意図的な活動が実物よりも大きな成果を誇張した創作部分が多い。
 
 
  
  
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
 

 


 
 
 
  
posted by まねきねこ at 02:00| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: