当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年09月11日

ルイ・ルノー 自動車会社「ルノー」の創業者

ルイ・ルノー


  (1877年2月12日 - 1944年10月24日)

 ルノー社の創設者


 パリのブルジョワ家庭で、5人兄弟の4番目として生まれた。

 自動車産業創成期のパイオニアの1人





 名門リセ・コンドルセを卒業したのち
   セルポレ社(関連情報
の蒸気自動車工場で勤務した。


 ルイが1898年に初めて作った車は
   ド・ディオン=ブートン
の2ストローク機関エンジンを改造したもので、きれいに継ぎ合わされたドライブシャフト、前進3段と後退のトランスミッションを特徴とした。

 特に3段目のギアはダイレクトドライブとなっており現在のプロペラシャフト式フロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の原型である
   ダイレクト・ドライブ・システム
を考案したもので1年後に特許を取得している。


 ルノーの車がモンマルトルのレピック通りの坂を登りきれるか友人と賭けをして1898年12月24日の走行で勝利した。



 この勝利の影響から13の車両注文を受けた。


 ルノーは、自分の発明に商業的な可能性があることを確信し、この機構を搭載した自動車
    ヴォワチュレット
      (Voiturette
を発売し、商業的成功を収めた。


 事業を拡大するため、父の紡績会社で働いていた2人の兄マルセル(1872-1903)とフェルナン(1865-1909)に1899年に協力を呼び掛け、同年10月に
   ルノー・フレール
     (ルノー兄弟社)
を設立した。


 営業や経営はすべて兄達が担当し、ルイはデザインや製造に専念していた。 

 1903年のパリ-マドリード自動車レースでマルセルが事故死し、1908年にはフェルナンが健康上の理由で会社から手を引くと、ルイが会社運営全般を取り仕切るようになった。

 事業規模の拡大に合わせ、1904年にはフランス国内に120店舗の販売代理店網を構えた。 

 事業基盤を強固なものにしたうえでモータリゼーションの拡大により、イギリスやドイツ、日本など諸外国への輸出も開始した。 

 ロシアに工場を建設するなど急激にその生産台数を伸ばした。

 1914年に特許が切れるまでの間に莫大な特許料がルノーに転がり込んだ。


 ルノーは1942年まで会社の指揮を執り、その急速な拡大に対処する一方で新たに、油圧ショックアブソーバーや最新ドラムブレーキ、圧縮ガス点火、ターボチャージャー、タクシーメーターといった装置をいくつか発明した。

 第一次世界大戦の終結後、有名な革命的戦車ルノー FT-17など軍事面での貢献に対し、彼はレジオンドヌール勲章を受勲した。

 1939年、ルノー社は争議行動の後、再びフランス軍にとって最も重要な供給元の一つとなったが、フランスはドイツの侵攻で1940年に陥落した。


 第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるフランス占領期間に、ルノー社はドイツの接収に遭った。

 1942年3月の連合国による空襲でルノーの工場が破壊された後、ルイは失語症を患い、話すことも書くこともできなくなったという。


 1944年にフランスが解放されると、ルノーはナチス・ドイツとの産業利敵協力のコラボラシオンで告訴逮捕され、フレン刑務所での取調べ等で虐待を受け1ヶ月後にルイは死亡している。

 3ヵ月後ルノー社は国営化された。


 大戦中に実際の工場を監督していた責任者は1949年、彼と工場は利敵協力していたわけではないという判決を勝ち取った。

 ルイの息子で唯一の相続人
   ジャン=ルイ・ルノー
が1967年に若干の賠償を勝ち取ったもののルイ本人の名誉が公式に回復されないままとなっている。  



     ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ

  
 
 

    
posted by まねきねこ at 07:37| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]