当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年05月09日

今村 清之助 明治時代日本鉄道界の地位に君臨

 今村 清之助
(1849年3 月26日(嘉永2年3月3日) - 1902年(明治35 年)9月26日)
 信濃国下伊那郡(現・長野県下伊那郡)で生まれたが、父親
   吉右衛門
の代になり家運が傾き、幼少のころから窮乏の生活を送ったといわれている。 

  そして窮屈な日本経済が始まった
 
 清之助は16歳の時に家の金 二朱を持ち出し家出、横浜の
    平野屋市五郎商店
に働き口を見つけた。
 平野屋の主人は何かにと面倒を見てくれたものの
   親類の者
に見つかり、郷里に連れ戻されてしまった。
 
 田舎での農業生活に我慢出来ず、19歳の年に再び金 一分を懐に家を飛び出し、今度は名古屋を経て横浜に向かった。
 ただ、明治維新間もない横浜には出たものの、屋台車を挽いて
   サザエのつぼ焼き
を売り歩く貧困生活で、出世の野望はあるがどん底の毎日が続き、そこを脱出できずに汲々と我慢して暮らした。
 
  パリの詩
 
 
 たまたま屋台の客の一人にある商館の手代がいて、清之助が信州の出身であることを知り
   生糸の種紙の事情に詳しいだろう
ということで、館主に紹介した。
 清之助はその手代と共に信州上田に行き
   種 紙
を買い付けて成功裡に横浜に帰ってきた。
 
 ・ 相場の神様 本間宗久翁秘録―酒田罫線法の源流 (モバイル)
 
 館主は大変喜び、礼金として
   清之助に200円を渡した
が彼はその金を元手として直ちに郷里に帰り、今度は
   独自で蚕卵紙
を買い付け横浜に送って、相当の儲けを得た。
 ただ、相場は水物であり時として流れが読めず
   下落相場
に変化する前に手持ちを
   手仕舞いできず
に再び無一文の身になってしまったという。
 
 ・ そろばん 売りのヤマタネ半生記

 郷里に逃げ変えり、1869 年(明治2年)にもう一度横浜に戻ってきて、今度は
   横浜遊郭の入り口
に洋酒のスタンドバーを開いた。
 
 この店には外国船の船員も多数来て、彼はその頃から
   洋銀相場
に目をつけるようになった。
 
 当時、相場の荒波で事業に失敗した
   旧主平野屋
と偶然に出会い、彼を援けて両替商でもある
   弗 屋
を開業させ繁盛させた。 
 しばらくして平野屋と商売上の意見が対立したため独立して
   生糸・雑貨の才取り
を始め、次第に財を作っていった。
 
 ・ 三猿金泉秘録~日本相場の聖典 (モバイル)

 横浜には取引所でもある
   金穀相場会社
が設立されたため、その仲買人となり、仲買人仲間から選ばれて委員にもなった。
 金と地位を得たことから、かねがね意図していた弗屋を再び開き、洋銀相場の上昇に伴い財産を拡大し蓄積させて行った。 
   
 1877 年(明治10年)に、東京堺町にも太物綿類と両替の店を開き
   各種公債証書の定期売買
を自分のところでやった。
 次で株式取引所の創立を計画し、1878年(明治11年)に
   渋沢栄一
   福地源一郎
と共に、日本最初の株式取引所を成立した。
 
 ・ 江戸の賢人に学ぶ相場の極意
 
 清之助は仲買人となって南茅場町に店を移して証券売買に専念した。 
 また、兜町の
   角丸証券
    (現・みずほインベスターズ証券)
の設立にも関係している。

 1890年(明治23年)の恐慌のあと、彼は
   安い株を片っ端から買い漁り
景気がよくなると利食いして、当時の金額で300万円儲けたといわれています。
 
 ・ 天才相場師の戦場(モバイル)

 伊藤博文の勧めで
   陸奥宗光
を団長とする欧米使節団に1883年(明治16年)4月から1886年(明治19年)1月まで参加した。
 欧米使節団では先進国の
   経済、文化発展の様子
をつぶさに視察した。
 
     
 
 特に米国における
   鉄道事業
に強い影響を受けて帰国、九州・関西・参宮・山陽などの
   諸鉄道の敷設 など
の鉄道事業を強力に推進する事業に関わり諸々の
   鉄道会社の重役
となり、大株主となって、日本鉄道界の地位に君臨した。
 そして、1888年(明治21年)12月には25万円の資本金をもって
   今村銀行
    (後に第一銀行と合併)
を設立した。
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
 
 
posted by まねきねこ at 02:00| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]