当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年01月11日

地金と金貨とではどちらが得か

 金貨には収集用金貨と地金型金貨の2種類があります。
 収集用金貨は、骨董価値や希少価値により価格が決まり、金貨に含まれる金の価値よりはるかに高い価格で取引されるのが通常です。→ ranking

 一方、地金型金貨は、加工代などが極力抑えられ、金地金と同様に毎日の金価格に応じて価格が決まります。
 地金型金貨は少額からの投資に適しています。→ ranking

 地金の売買の場合、500g未満の重さの地金には、別途手数料がかかりますので地金型金貨の方が売買価格の差が小さく有利と思います。

 地金型金貨は金価格が高くなった場合は売買差が広がること、また売却時に汚れやきずなどプレミアムが付かない状態が生じている時や市場での人気が低下する場合などがあり地金扱いの潰しの値段となってしまうなど大幅に価格が下落することなど、その時々の条件によって変化することがありますので注意が必要です。→ ranking
  
   
posted by まねきねこ at 08:23| Comment(0) | 貴金属の取引方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]