当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年01月13日

銀の取引

 銀の取引は、流通量が大きい割りに取引の単位がキロ単位と大きく値段の割りに嵩張るため、地金商から購入する場合でも保管場所が倉庫などであり入手するまでに1週間とかの日数を要することから現物取引は限られた部分で行なわれており、店頭でまとまった地金を購入することは直接渡しが出来ないことが多く手間がかかります。→ ranking

 銀の現物取引で利益を得ることは至難の業といえます。
 ただ、米国の富豪が買占めに走った場合などに急騰する時を値楽ぐらいでスパンは10年以上も係りその間利子は付かないなど投資には向かないとおもいます→ ranking

 銀取引は、米国人が好きなのか知りませんが、石油財閥のハント兄弟や投資家であるバフェット氏(バークシャーハサウェーの経営者)などが買い占めて急上昇したことは記憶の片隅にあると思います。→ ranking
 
   
posted by まねきねこ at 08:15| Comment(0) | 貴金属の取引方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]