当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2016年10月25日

#セシル・ローズ  デ・ビアスの創業者

 
セシル・ジョン・ローズ

    Cecil John Rhodes
  (1853年7 月5日 - 1902年3 月26日)
 
 
 イギリスの政治家
 
 英国の地主階級にあった牧師の子として生まれた。
 幼少期は病弱であり、これを心配した父親が気候が英国よりもよい南アフリカで金鉱堀りをしていたローズの兄のもとに彼を送り出した。
 
 温暖な気候の南アフリカで健康になり体力もつけたローズは、兄とともにキンバリーで坑夫としてつるはしを振るった。


   
   (出典:https://www.youtube.com/watch?v=gc7kIvmWVGA
   
 
 ダイアモンドを掘り当てて作った資金を運用して、ダイアモンドの採掘権への投機を行ったり、採掘場への揚水ポンプの貸し出しで儲けた。
 
 こうした動きがロンドンのユダヤ人財閥ロスチャイルドの目に留まり、ロスチャイルドからの融資もとりつけて、1880年に
   デ・ビアス鉱業会社
を設立した。
  
 その後、会社は、資金の有効活用を目論むロスチャイルドの全面的な協力もあって、ほぼ全キンバリーのダイアモンド鉱山をその支配下に組み込んいった。
 最終的には、全世界のダイアモンド産額の9割を独占するに至った。
 

 ロンドンの金市場を支配していたロスチャイルドの影響を受け、ローズはデ・ビアス鉱業会社を通じてトランスヴァール共和国の産金業にも進出した。
 
 世界最大の産金王に君臨し、南アフリカの鉄道・電信・新聞業をもその支配下に組み込んでいった。
 

 ローズは獲得した経済力をバックに政界へ進出した。
 1880年、ケープ植民地議会の議員、84年にケープ植民地政府の財務相になり、90年には遂に首相にまで上り詰めた。
 

 政治家の時代にマタベリ人の首長に武器弾薬を提供した。
  
 それと引き換えに鉱山の利権を獲得したり、イギリス本国政府の要人を1889年に買収して、征服地に対する警察権・統治権をもつ民間会社
   イギリス南アフリカ会社
を設立する特許を獲得したりしている。
 
 こうした「民間会社」は国際問題が発生した場合に政府とは異なるとの主張をして国家間の問題まで発展させないようにするための欧米で用いられる一般的な手法でもある。
 

 ローズは1894年に、この会社を活用して、遠征軍を編成したうえでマタベリ人やマショナ人の居住区に侵攻させ抵抗する勢力を殲滅し、イギリス本国の4倍半にも相当する広大な土地を奪って南アフリカ会社の統治下に置いた。
 
 会社はこの地を、征服者ローズの名にちなんでローデシアと命名した。 
 
 
 
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

   人気ブログランキングへ 
  


           

   
   


   
posted by まねきねこ at 05:39| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]