当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年07月28日

マライア・ガーネット(ウンバライト)

 1970年代初頭から、ピンクと紫の
    ロードライト
が日本で人気を呼んでいた頃、ケニアとタンザニア国境のウンバ川流域では赤みを帯びた
   橙色のガーネット
の結晶も産出した。  → ranking

 現地ではこの売り物にならないガーネットをマライア(スワヒリ語で屑、役立たずとか、娼婦と言った意味だ)と呼んで捨てていた。

 これに注目したアメリカ人やドイツ人バイヤー達がただ同然で買い占めカット、名前だけは以前のままのマライアとした高級ガーネットとして宝石業界にデビューした。
 サンキストやピーチと呼ばれる橙を帯びたピンクの石はカラット当たり100〜200ドルとかなりの高値がついた。  → ranking

 なお、同色の
   パパラチア
と呼ばれるサファイアと比べれば20分の1足らずのお買い得品となった。
 マライア・ガーネットは化学組成から見れば、ほぼ全てのガーネットの成分を含み、いわばガーネット一族の美しさを一身に集めているといってもいい。  → ranking
   
posted by まねきねこ at 12:26| Comment(0) | 宝石と宝飾品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: