当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年03月14日

フローレンティン ダイヤモンド

フローレンティン
  (The Florentine)
 インド産ダイヤで137.27ct、色はレモン・イエロー

 ダイヤの研磨法を発見した研磨師
   ベルケム
がブルゴーニュ公シャルルのために研磨しました。

 ブルゴーニュ公が1477年のナンシーでの戦いで命を落とした時、他の宝石と一緒に身につけていたのをスイス軍傭兵が戦場で見つけ、ガラスだと思い安価で売ったといわれています。
 
 フランスの宝石商
   ジャン=バティスト・タベルニエ
              (1605〜89)
が1665年にフローレンスのメディチ家を訪ねた時、トスカナ大公が彼に黄色のきれいなダイヤモンドを見せたと記録が残っている。

 オーストリアの女王
   マリア・テレジア
のロレーヌ公国の
   フランツ・トスカナ大公
と1737年に結婚した際には、ハプスブルグ家の王冠に王室の宝石としてセットされましたと言われている。

 その後、ペンダント・ブローチにセットされ50,000ドルと評価されています。
 第一次世界大戦でハプスブルグ家が1918年王権崩壊の際、皇帝カールI世がスイスへ亡命する時にその石を一緒に持っていったといわれていますがダイヤの所在は現在では不明となっています。
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
  
    
posted by まねきねこ at 04:00| Comment(0) | 宝石と宝飾品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]