当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年06月14日

コー・イ・ヌール・ダイヤモンド

 このダイヤは1304年頃発見された後、インドのラジャ王一族が所有していました。
 200年後ムガル帝国の皇帝の所有となり、タージ・マハルを建立した
   シャー・ジャハーン帝
を経た後、人手を転々としたといわれます。(関連記事
 1739年ペルシャ王シャー・ナディールがインドに侵略した際、このダイヤはペルシア王の手に入り、王はそのきらめきを見て
    コー・イ・ヌール
      (光の山という意味)
と叫んだといわれます。
 その後、1850年に東インド会社を経てビクトリア女王に献上されました。→ ranking

 ロンドンで1851年二開催された第1回万国博覧会に出展されましたが、輝きの少なさに人々が失望したため、女王はアムステルダムの研磨師を招いて再研磨させました。
 再研磨前の186ctから108.93ctに仕上げられ、その後も戴冠式などで重要な英国王室の宝石としての地位を占めています。→ ranking
    
  
posted by まねきねこ at 19:29| Comment(0) | 宝石と宝飾品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]