当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年02月06日

バクー油田 アゼルバイジャン共和国にある油田

バクー油田
 現在のアゼルバイジャン共和国にある油田で、ノーベル商会関連情報)やロスチャイルド一族などのより開発が行われ1830年代から1930年代の100年間世界の石油産出量の90%を占めていた。
 その後も20世紀中には依然世界最大の産出量60%を占めていた。

 第二次世界大戦では独ソ戦中
   アドルフ・ヒトラー
のドイツ軍が、ソ連の戦争継続能力を奪い
   不足する自国の石油も確保
するためにバクー油田占領を目的として
   ブラウ作戦
を実行しソ連南部、カフカス地方へ侵攻した。

 ドイツ軍は1942年の夏には
   カフカス山脈の中央部まで進出
したものの兵站線が延びきり補給難から撤退した。
 また、ブラウ作戦自体もスターリングラードの戦いの敗北によって失敗した。

 ソ連崩壊後、独立国家共同体(CIS)に加盟せいているアゼルバイジャン政府はよりクリーンで効率的な石油採掘を目指している。
 その一環となるのが
   バクー・トビリシ・ジェイハンパイプライン
                (BTCパイプライン)
である。
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ 
 
  
posted by まねきねこ at 06:04| Comment(0) | 世界の金山、鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: