当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2010年02月05日

ニコラ・テスラ 磁束密度の単位テスラにその名を残す。

ニコラ・テスラ
 Nikola Tesla
  (1856年7 月10日 - 1943年1月 7日)


 
 電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明がある。

 
 また、無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られている。
 なお、磁束密度の単位テスラにその名を残す。
 8か国語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通していた。


 

 
 ハンガリー王国(現在のクロアチア西部)リカ=コルバヴァ県ゴスピチ (Gospić) 近郊のスミリャン村 (Smiljan) で生まれた。
 父母はセルビア人で、父はセルビア正教会司祭であった。また、姉が2人いた。


 
 1880 年、オーストリア帝国グラーツのポリテクニック・スクール在学中に
   交流電磁誘導の原理
を発見、1881年に同校を中退し、ハンガリー王国ブダペストの国営電信局に就職した。

 
 
 23歳でプラハ大学を卒業後、エジソン社のフランス法人に勤めた。


 
 1884年にアメリカに渡り、エジソンが経営する
   エジソン電灯
に採用され働くようになった。 
 
 エジソン電灯では直流電流による電力事業を展開していたが、テスラは
   交流電流による電力事業
を提案したため、エジソンと対立し、1年ほどで退職した。


   
 
 逸話として、エジソンは
   直流用に設計された工場
のシステムをテスラの交流電源で動かすことが出来たなら、褒賞5万ドルを払うと提案した。

  
 これは直流の優位性・安全性に注目するとともに
   交流の難しさ
などを考慮したうえでの発言だったが、エジソンの期待を裏切りテスラはこれに成功してしまい、交流の効率の良さをエジソンに見せつけたことが背景だとも言われている。


 
   
 プライドの高いエジソンは自尊心を傷つけられ、交流の優位性を認めないために
   褒賞の件を「冗談」
で済ませたため、テスラは激怒し、その後にふざけた扱いをする経営者に嫌悪感を覚え退社したといわれている。


 
 
 1887年4月、独立したテスラは
   Tesla Electric Light Company
           (テスラ電灯社)
を設立し、独自に交流電流による電力事業を推進、同年10月には交流電源の特許を受諾された。

 
 
 1888年5月16日、アメリカ電子工学学会でデモンストレーションを行い、それに感銘を受けた
  ジョージ・ウェスティングハウス
から100万ドルの研究費と、特許の使用料を提供、テスラの発明した交流発電機は
   ウェスティングハウス・エレクトリック
によりナイアガラの滝の発電所に取り付けられた。


 
 また、同年には循環磁界を発見、超高周波発生器を開発した。

  
 1891年、100万ボルトまで出力できる高圧変圧器を発明した。
 1893年、無線トランスミッター発明した。
 1898年、点火プラグで米国特許取得した。
 1943年1月7日ニューヨーカー・ホテルで死去した。享年86歳であったと言われている。










  ↓ 参考になったらクリックお願いします。

  人気ブログランキングへ










  ■ 天才の発想力 エジソンとテスラ、発明の神に学ぶ
  ■ 気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル
  ■ エジソン脳をつくる「脳活」読書術
  ■ 天才エジソンの秘密 母が教えた7つのルール









posted by まねきねこ at 22:01| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]