当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年09月12日

フォーテスキュー・メタルズ・グループ Fortescue Metals Group

 フォーテスキュー・メタルズ・グループ
         (Fortescue Metals Group)
           (旧Allied Mining & Processing)
 豪の鉄鉱石生産大手で同国内で
   リオ・ティント(Rio Tinto)
   BHPビリトン(BHP Billiton)
に次ぐ生産規模を持つ。

 The Metal Group Pty Ltdが2003年にAllied Mining & Processingを買収し、社名をAllied Mining & Processingから
 フォーテスキュー・メタルズ・グループ
           (Fortescue Metals Group)
に変更して設立した。
 
 西オーストラリア州Pilbara地域においてオーストラリア国内最大の鉄鉱石鉱区を保有している。
 豊富な鉄鉱石埋蔵量を持つことから、豪の鉱山会社としては時価総額は高い。

 2008年4月にはクラウドブレイク(Cloudbreak)鉱山から初の鉄鉱石が鉄道にて運ばれ、2008年5月には豪西部のポート・ヘッドランド(Port Hedland)の港から中国への出荷が本格化した。
 年間鉄鉱石生産量は
   4000万〜5000万トン
が見込まれ、Pilbara地域だけでなく、世界的にも最大級の鉄鉱石生産企業となった。
  
 また、鉄鉱石生産から港湾施設へのインフラ整備にも注力しており、クラウドブレイク鉱山から生産される鉄鉱石を
   FMGの鉄道(Alannah MacTiernan Express)
   港湾施設(Herb Elliott Port)
を利用する一貫体制が同社の強みとなっている。

 2008年の中国の鉄鋼メーカー
   中鋼集団(シノスティール)
のミッドウエスト(Midwest)の買収と同様に、オーストラリアでの鉄鉱石の確保に注力している中国勢が同社の株式を取得する可能性もあり、複数の企業から買収の対象になることも考えられる。 
   
 中国の大手鉄鋼メーカー
   湖南華菱鋼鉄集団
からの買収(株17.55%の出資)の動きが2009年に出ている。
 
 
   ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  人気ブログランキングへ
   
   
posted by まねきねこ at 06:46| Comment(0) | 世界の金山、鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]