当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2009年02月26日

ジョン・ボイド・ダンロップ John Boyd Dunlop

ジョン・ボイド・ダンロップ
  John Boyd Dunlop
   (1840年2月5日 - 1921年10月23日)→ ranking

 スコットランドの発明家
 エアーシャーのドレグホーンで農家の息子として生まれ、エディンバラ獣医大学(現在のエディンバラ大学の一部)を卒業し、10年近くの間をエディンバラで獣医師として働いた。
 その後、ベルファストに転居する際、アイルランドへの馬車の旅において、木製および固形ゴムの車輪による不快な体験をしたため、何とか解決しようとダンロップは息子の三輪車で空気入りのチューブ式タイヤの実験を行った。→ ranking
    
 1887年にダンロップは空気入りタイヤの特許を取得したものの、同様の特許は1845年にもう一人のスコットランド人
   ロバート・ウィリアム・トムソン
によって既に申請されていたという。→ ranking

 ダンロップは1888年、世界初の実用的な空気入りタイヤを開発し、ダンロップ・ラバー株式会社を設立した。→ ranking
    
    この発明は交通輸送に大きな貢献を果たしたがダンロップ・ラバー株式会社は、トムソンとの法廷闘争を闘うこととなったためダンロップは自らの発明からそれほどの利益を得ることはなかった。
 
 なお、トムソンが中部式のタイヤを発明したのが1845年であるにもかかわらず、ダンロップが現代のゴムタイヤ発明を賞賛されている。
    
posted by まねきねこ at 09:26| Comment(0) | 人物伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]