当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年07月29日

日銀のYCC柔軟化は実質的な緩和修正により形骸化が進むとの見方?


 日本銀行が28日の金融政策決定会合で決めたイールドカーブコントロール(長短金利操作、)政策の柔軟化措置は、日銀の想定を上回って推移する消費者物価の上昇に対応した実質的な緩和修正となりそうだ。
 
 これまで日本の国益を害する動きで資金を欧米国際資本に安価に利用させることになった約7年にわたって続いた長期金利を抑制する「異例の緩和策」の形骸化が進みそうだ。

植田和男総裁は記者会見で上振れリスクを繰り返し強調した。
 また、日銀は会合後に公表した声明で、「上下双方向のリスクに機動的に対応していくことで、この枠組みによる金融緩和の持続性を高める」のが狙いと主張したが、総裁は経済・物価情勢が上振れた場合、それを反映する形で長期金利が「0.5%と1%の間に上昇していくことを容認しようという姿だ」と語った。

 日銀は今回の運用柔軟化で、長期金利の上下0.5%程度の許容変動幅を「めど」と位置付けた上で、上昇抑制を目的に国債を買い入れる指し値オペの水準を従来の0.5%から1.0%に引き上げた。

 エコノミスト調査では、7月会合でYCCの修正または撤廃を決めるとの予想は18%にとどまっており、市場にショックが出たようだ。
  
 植田総裁は、運用の柔軟化について「政策の正常化へ歩み出す動きではなく、YCCの持続性を高める動き」と説明した。

 金融市場では大規模な金融緩和からの出口戦略の一環との受け止め方が少なくないための反動だ。

  
   
posted by まねきねこ at 07:06| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界2位の経済大国である中国は一種の信頼感の危機に直面


 ゼロコロナの傷跡に習体制下の数年にわたる大きな政策転換が重なり、消費者と民間セクターは支出を抑えており、世界2位の経済大国は一種の信頼感の危機に直面している。

 アジアソサエティー政策研究所の中国分析センターので中国政治の研究者
   ニール・トーマス氏
は、景気失速を受け習氏は最近「忠誠心よりも専門知識を優先」していると指摘した。

  
posted by まねきねこ at 06:42| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゼロコロナ」政策による経済破綻


 習氏の国家主席3期目は昨年10月にスタートしたが、その数週間後に習氏の権力掌握に疑問を呈するかのような
   「ゼロコロナ」政策に対する抗議デモ
が発生したうえ、デモ参加者の中には、毛沢東初代国家主席以来、中国で最も強力な指導者となった習氏の退陣を求める声さえ聞かれた。

 中国政府は民衆の抗議がエスカレートする状態を見て、ほぼ一夜にして大規模検査やロックダウン(都市封鎖)、国境閉鎖を伴うゼロコロナ政策の主要部分を放棄した。

 これまで米国などで見られた死者急増を防ぐためにゼロコロナは不可欠だと言っていた共産党にとって、極めて異例の政策急転換となった。

 ゼロコロナの傷跡に習体制下の数年にわたる大きな政策転換が重なり、消費者と民間セクターは支出を抑えており、世界2位の経済大国は一種の信頼感の危機に直面している。

 ゼロコロナ政策打ち切り後、中国でも人口の多い浙江省で今年1−3月(第1四半期)の火葬件数が前年同期比72.7%増えたと地元メディアが今月報じたものの、このデータは政府の圧力でその後に削除された。

  
ひとこと

 新型コロナ感染に対応し、愚かな岸田政権は効果よりもその後の薬害が懸念される海外のワクチンを2500万人分も購入する契約を結んだ。
 日本の医薬品メーカーへの承認を遅らせ国際資本の懐に金を貢ぎ続ける愚かな政策を継続させる背景は、安倍政権時代のポンコツF35を軍産複合体制への貢として購入し政権を維持してきた行動と同じだろう。
 ラムズフェルドが大株主となっている企業が生産しているタミフル然りだ。
   
 国民の健康よりも政権維持に海を撮っている愚かさは、広告会社や芸人などがメディアに多数出ている宗教政党の集票を頼る姿勢と同じであり話にもならない。
 そもそも、社会不安を煽るマスコミの姿勢は宗教加入者の増加を促すマッチポンプのようなごときものだ。
  
  
   
posted by まねきねこ at 06:20| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国株は決算サプライズを織り込み済みの状況で、この先、方向性は下向きとBofA


 バンク・オブ・アメリカ(BofA)のサビタ・サブラマニアン氏率いるBofAのチームが24日まとめた顧客向けリポートによると、米国株の投資家はこれまでに発表された企業決算の前向きなサプライズをおおむね受け流しており、明るいニュースは織り込み済みであることが示唆されると指摘した。

 決算発表後の株価の動きはオプション市場が示唆するよりも平均1.3ポイント大きかった。
 方向性は下向きに傾いていた。

 これまで決算を発表した企業の株価はS&P500種株価指数を平均で1.05%下回った。
 売上高と1株当たり利益いずれも予想以上だった企業でさえ0.23%のアンダーパフォームだった。これまではS&P500種を平均1.46%上回っていた。

 サブラマニアン氏は「これはポジションリスクの高まりを示唆しており、良いニュースは織り込み済みだ」と分析した。

  
     
posted by まねきねこ at 05:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする