当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2023年05月19日

CDS委員会に「クレディSが破綻の信用事由に該当する」という新たな判断を要請


 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場を監督する
   クレジットデリバティブ決定委員会(CDDC)
は、クレディ・スイス・グループのCDSについて判断を下すよう新たな要請を受けた。

 CDDCがウェブサイトで今回の要請はUBSグループに買収されたクレディ・スイスの3月の状況が、「破綻による信用事由」に該当するかどうかの判断についてのものと発表した
 
 CDDCはこの要請を受け入れ、判断を議論するためロンドン時間19日午後2時(日本時間同日午後10時)に会合を開くと、別の発表文で説明した。

 クレディ・スイスのCDSを巡ってCDDCに判断が求められたのは、この1週間で2件目となる。
 1件目はクレディ・スイスのその他ティア1債(AT1債)が評価ゼロとされた決定は「政府介入による信用事由」に該当するかどうかの判断だった。
 この要請に対してはCDDCは17日、信用事由に当たらず、支払いは発生しないとの判断を下していた。

 この決定に当たりCDDCが示したのは、AT1債はCDSが保証する劣後債よりも弁済順位が低いとの見解だった。

 ただ、破綻による信用事由が認められる場合は別の次元となり、優先債であれ劣後債であれ全てのクレディ・スイス債に関係するCDSについて支払いが発生することになる。
 
 米国証券保管振替機構(DTCC)のデータによると、クレディ・スイスCDSの純想定元本は今月12日時点で合計17億4000万ドル(約2410億円)に上る。

 フォーシックススリー・キャピタルやダイアミター・キャピタル・パートナーズなどのヘッジファンドでは、CDDCがCDS発動を認めると見込んおり、これまでクレディ・スイスが発行した他の劣後債のCDS購入を進めていた。

 17日の判断を受けて、クレディ・スイスCDSは急低下したが、2度目の判断要請後にやや戻している。

 
ひとこと
 
 判断の基準を組み替えて有利な結果を導き出す流れのようだが、思惑通りになるかどうか…
 
 
   
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オープンAIのアルトマン氏が議会証言で「AI巡る規制導入」を呼び掛け


 オープンAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は16日、米国議会上院のプライバシー・テクノロジー・法律小委員会が開いた公聴会で証言し、人工知能(AI)に対する規制の必要性を訴えた。
 
 株式市場ではAI関連企業への資金が流入し急成長するAI技術を巡って、
   倫理面や法律面、安全保障面 など
で多くの問題が提起されている。

 アルトマン氏は、AIには人類が抱える大きな問題を解決する可能性があると指摘したもの、AIは予測不可能な方法で社会を変えるほど強力だと警告した。
 また、「そのリスクを軽減するためには政府による規制面での介入が不可欠になる」と続けた。

 その上で「私が最も恐れているのは、われわれテクノロジー産業が世界に大きな害をもたらすことだ」と指摘し、「この技術は間違った方向に進めば、かなり道を誤る恐れがある」と続けた。

 また、
AIツールがどう開発されるかではなく、どのように使われるかについての「精緻な規制」の導入を呼び掛けた。

 公聴会ではIBMで最高プライバシー責任者を務めるクリスティーナ・モンゴメリー氏も証言した。

 
ひとこと
 
 TVでは受け売りのマスコミ出身の経済評論家がしたり顔でAIや戦争など広い分野で情報を視聴者の刷り込む動きやクイズなど答えありきの単純で反射的な知識を与え続け、扇動をし続け社会を混乱化する下地を作り続けている問題がある。
 
 
     
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国のインフレ率は目標を依然「大きく上回っている」?


 米国ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は11日、ミシガン州マーケットで行われたイベントで、「インフレは低下してきているが、当局の2%目標をなお大きく上回っている」と指摘した。
 
 また、「全米レベルでは賃金の伸びが幾分軟化してきたが、強弱入り交じっているといった感が強い」と述べたうえ物価上昇圧力は依然として強過ぎるとの見解を示した。
 
 銀行セクターの緊張が米経済に及ぼす影響の見極めに当局者が努める中で、こうした発言を行った。

 カシュカリ氏は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で議決権を有する。

 カシュカリ氏は先月、シリコンバレー銀行(SVB)が3月に破綻した後、金融市場が落ち着きを取り戻しつつあるという「希望の兆し」はあると述べていた。
 
 ただ、これはファースト・リパブリック・バンクが管理下に置かれてJPモルガン・チェースに買収される前の発言であり、発言の流れが変わった。
 この買収後、地銀株は再び大幅に下落するなど不安定な値動きが続いているためだ。

  
  
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米首脳会談で半導体協力やバイオ、AIの推進を確認


 岸田文雄首相は18日夜、広島市内でバイデン米大統領と首脳会談を行い、半導体に加え、バイオや人工知能(AI)などの先端技術分野での協力を推進していく方針を確認した。

 日本政府が約1時間10分にわたる会談の概要を文書で公表した。

 冒頭、バイデン大統領は量子コンピューターや半導体など先端技術で日米が協力拡大に取り組んでいると述べ、「日米が団結すれば、われわれはより強くなる。そうなれば、全世界がより安全になるとも確信している」と先手を打った。

 岸田首相は「日米協力が飛躍的に進展していることを歓迎している」と指摘したうえ広島工場を持つ米メモリーチップ大手の
   マイクロン・テクノロジー
の取り組みを「日米半導体協力の好事例」として支援していく方針を明らかにした。

 両首脳はスタートアップやイノベーションの 分野で緊密に連携することの重要性でも一致した。
 
 岸田首相はディープテック分野のイノベーションなどを進める拠点となる「グローバル・スタートアップ・キャンパス」を東京都心に創設する構想を明らかにした。

 米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)と共同で検討を開始しており、米政府の協力も得て具体化を進めるという。

 首脳会談は19日に開幕する主要7カ国(G7)首脳会議(広島サミット)を控えて設定された。   
 G7首脳会議では、中国やロシアに関する懸念が議論の多くに割かれる見込みだ。

 日本政府の発表によると、安全保障分野ではバイデン大統領が、核を含むあらゆる種類の能力によって日本の防衛に米国が関与する考えを改めて表明し、日本が核武装する動き封じ込めた形だ。
 
 また、台湾海峡を含めた中国を巡る諸課題への対応で引き続き緊密に連携することや、厳しい対ロシア制裁とウクライナ支援の継続でも一致し、米国の軍需産業への資金が流れ込む道筋を確認したともいえる。

 広島サミットで議長を務める岸田首相は、インドのモディ首相、韓国の尹錫悦大統領、オーストラリアのアルバニージー首相ら8カ国の首脳を拡大会合に招待している。

 日米首脳は21日までのサミット期間中、日米豪印の協力枠組み「クアッド」の首脳会合や、日米韓首脳会談の開催も調整している。

 バイデン氏に先立ち、岸田首相はイタリアのメローニ首相と会談している。
 
 
   
posted by まねきねこ at 05:06| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする