当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年11月04日

深さ8メートル地点に、地下室へとつながる長さ15メートルのトンネルを発見


 ポータルサイト「メキシコニュースデイリー」はメキシコのテオティワカンの
   「月のピラミッド」
を合同調査していた地元国立歴史人類学研究所、考古学科と国立自治大学の地球物理研究所が、ピラミッドの下に埋葬儀式で使用できる地下トンネルを発見したと報じた。

 80年代に行なわれた発掘調査では、頭蓋骨が変形した人の遺骸や緑色石から成るさまざまな人工物が発見されていた。
 研究者らは、ピラミッドそのものの下にも類似物があると推測し、調査を継続させていた。

 断層撮影装置でピラミッドをスキャンした結果、考古学者らは、深さ8メートル地点に、地下室へとつながる長さ15メートルのトンネルを発見した。
 なお、現在、その地下室内になにがあるかは分かっていない。
             
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    

   

 
 
    
posted by まねきねこ at 05:06| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮の黄海北道平山(ピョンサン)ウラン鉱山および精鉱工場で活動が続いていることを表す変化を確認


 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は2日、最近と2016年にそれぞれ撮影した
   商業用衛星写真
を比較・分析した結果、北朝鮮の黄海北道平山(ピョンサン)ウラン鉱山および精鉱工場で活動が続いていることを表す変化が確認されたことを明らかにした。
 
 平山は北朝鮮で最も大きいウラン採鉱鉱山と精鉱製造施設がある。
  
 また、国際原子力機関(IAEA)も9月
   年次報告書
で北朝鮮が1年間に寧辺(ヨンビョン)の5MW黒鉛減速炉と再処理工場設備を稼働した形跡があると明らかにしていた。
 
 IAEAは「北朝鮮が核開発を進展させている」と懸念を表したうえ
   「核・ミサイル開発放棄」
を要求した国連安全保障理事会決議に違反するものであり極めて遺憾と強く批判した。
報告書では北朝鮮の寧辺黒鉛減速炉で原子炉の稼働を示す蒸気や冷却水の排出が観測されたと伝えた。
 
 また、原子炉内に核燃料を入れた2015年12月以降
   何度か運転を中断
しながらも、今までウランを燃焼させたとみられると説明した。
 
 さらに、報告書では寧辺再処理工場の放射化学研究所で4月末から5月初めにかけて
   蒸気加熱器
を稼働した形跡が確認されたことを明らかにした。

 38ノースによると、該当施設の周囲の鉱山廃棄物が明確に増えている状況を確認したと言う。
 これはウラン採鉱、精鉱などの作業が続いていることを示唆するものと説明した。
 
 昨年5月と今年5月に撮影された衛星写真でも主な加工施設の周辺に変化が見られた。
 特に今年1月と5月の間、最も西側に位置する鉱山で
   鉱山廃棄物の規模
が明確に増えたことを分析した。

 ただ、「こうした廃棄物が最近採掘されたウランの副産物か、すでに採掘されていたものから出たのかは分からない」と伝えた。
             
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
  
   
posted by まねきねこ at 04:54| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武器商人の素行


 米国政府は、イラン産原油の禁輸に向けた経済制裁をめぐってイランと取り引きのある8つの国などに対し、今月5日の制裁発動後も一時的にイラン産原油の輸入を認める方針を発表した。

 除外する対象の国は、5日に公表するとしている。

 米国のメディアは、除外する対象の国に日本も含まれると伝えた。

 米国のトランプ政権は、イラン核合意から一方的に離脱し、イラン産原油の禁輸に向けた経済制裁を今月5日に発動する予定。
 日本など各国に対し、原油の輸入を完全に停止するよう求めてきた。


 これについて、各国からは例外的に容認する適用除外を求めてきたが、米国のポンペイオ国務長官は2日、電話での記者会見で、イランと取り引きのある8つの国などに対して原油の輸入を一時的に認める方針を明らかにした。

 なお、8つの内訳については5日に発表するとしている。
 米国のメディア、ブルームバーグは、日本や韓国、インドなどが含まれると伝えた。

 適用を除外する理由について「イラン産原油の輸入の大幅な削減を達成したことによる一時的な措置だ」と説明している。
 原油価格の値上がりなどの影響が米国内にも波及することを懸念したことが背景にある。

 また、サウジの工作員がトルコ国内で反体制派の記者を暗殺した問題で、サウジ国内での皇太子の権力機構に揺らぎが生じ政治体制の激変が予想されるため、原油価格の揺らぎが急速に大きくなるリスクが米国経済に与える影響を考慮したものだろう。

  
 ただ、一方で各国には原油の輸入を完全に停止するよう引き続き求めており、5日にはイランと関係する700以上の個人や団体などを制裁対象に加えると警告し、イランへの圧力は強化する方針を示した。

  

ひとこと

 武器商人の一面でトランプがサウジに武器売却を行ったが、これにより中東地域でのサウジ勢力がお大きくなり周辺国の社会秩序が乱れ始めた。
            
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]