当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年11月01日

合同空軍演習「ビジラント・エース」の実施を見送ることで最終合意


 
 米韓軍当局はワシントンの国防総省で31日に米韓定例安保協議(SCM)を開き、米軍主導の米韓連合軍から韓国軍への
   有事作戦統制権
の移管後も在韓米軍と連合軍司令部を維持することで合意した。
 
 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とマティス米国防長官はSCMの終了後、こうした内容の「連合防衛指針」に署名した。


   
   
 
 8項からなる連合防衛指針は、有事作戦統制権の移管後の連合防衛態勢に関する戦略文書。

 在韓米軍と関連しては
   米韓相互防衛条約
の象徴であることを踏まえ、移管後も朝鮮半島に駐留を続けることが記された。
 また、有事作戦統制権の移管後も現在の米韓連合軍司令部形態の指揮構造を維持するものの、連合軍司令部の司令官は韓国軍大将、副司令官は米軍大将が務めるとの内容が盛り込まれた。
 
 現在の米韓連合軍司令部では米軍大将(在韓米軍司令官)が司令官、韓国軍大将が副司令官を務めているが、これが逆になる。。

  
 米韓は連合防衛指針を含め、有事作戦統制権の移管に関する四つの主要文書に合意した。
 移管に向けた準備にも弾みが付くと予想される。
 米韓は2014年に合意した「条件に基づく有事作戦統制権の移管」という原則を維持しながら、移管に備え、韓国軍主導の連合作戦遂行能力を検証する作業を急ぐことでも一致した。
 
 韓国軍主導の将来の連合指揮体系を検証する手順のうち、検証の前段階の評価を省略して初期運用能力(IOC)検証を来年から行うことで合意した。
 
 これに続く2段階目、3段階目の検証がスムーズに進めば、22年5月までの
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
の任期内に有事作戦統制権の移管が可能との見方も出ている。
  

   
   

 米韓はあわせて、朝鮮半島の非核化と平和定着に向けた外交努力を下支えするため、今年12月に予定していた定例の
   合同空軍演習「ビジラント・エース」
の実施を見送ることで最終合意した。
 
 北朝鮮が強い拒否感を示す同演習を強行し、南北・米朝の非核化対話に支障が出る事態を避ける目論見。
 一方で、連合防衛態勢を維持するため、米韓は北朝鮮を刺激しない従来と異なる形の合同空軍演習の実施を模索することにした。
 米韓の両長官はこうした内容を柱とするSCM共同声明も発表した。
 
 この声明には、韓国と北朝鮮が9月の南北首脳会談に合わせて署名した
   軍事合意書
に対する米国の支持表明なども盛り込まれている。
          
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
posted by まねきねこ at 05:24| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

47年の歳月を費やしてきた中国国産の大型旅客機C919の「自主革新」をめぐる論争


 中国経済週刊は、中国国産の大型旅客機C919の「自主革新」をめぐる論争について
   国家大型旅客機重大プロジェクト専門家論証委員会
の委員でARJ21旅客機の元総設計士
   呉興世(ウー・シンシー)氏
の見解を伝えた。


   
   

 中国人の大型旅客機への夢は、1970年の『運10』旅客機プロジェクト許可に始まった。
   
 2017年のC919の初飛行成功に至るまで、47年の歳月を費やしてきたと述べ、C919の研究開発の成功は、中国の航空工業の歴史的な突破の象徴であり、中国の改革開放における重大な時代的成果でもあると続けた。

 中国の大型旅客機について「皮は黄色いが中身は白い」という見方など、C919の「自主革新」をめぐり多くの論争がある。

 この指摘について、呉氏は「アップル社のスマートフォンには多くのメード・イン・チャイナが含まれていて、組み立ても中国で行われている。だが正真正銘、米国が自前の知的財産権を持つ製品だ。大型旅客機も同じ道理だ」と指摘した。

 自主革新の製品であるかどうかについては
 (1)大型民間航空機の研究、開発、製造、カスタマーサービスを専門に行っていること
 (2)バリューチェーン全体を最初から最後まで完全にコントロールしていること
 (3)大型民間航空機の製品やサービスをユーザーに直接提供していること
 (4)市場開発の自己決定権を持つこと
 (5)創作者として製品アイデアと製品デザインの所有権を持つこと
 (6)製品の形状に支配権を持つこと
この6点の有無を見なければならないとの認識を示し、この6つの特徴は、ボーイングもエアバスもロシアOAKもアップルも中国商用飛機もみな有していると続けた。

 航空エンジンや機上搭載器具、航空機用材料などの工場はそれぞれ独立している。
 コストやリスクを下げ、市場を開拓することが背景にある。

 米ボーイング787の一部の型機のエンジンは英国製であり、欧州エアバスA380の一部の型機のエンジンは米国製だと述べた。
          
        
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
posted by まねきねこ at 05:15| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]